スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

弥勒世果報(みるくゆがふ) – undercooled★坂本龍一さん平和な沖縄を希求

闘病生活から復帰されました★




原発反対、平和を望むと今の時代は中傷、誹謗が激しいです。
それでも一貫して貫かれてます。


オリジナル「undercooled」は9.11アメリカ同時多発テロ事件、その後に続いたイラク戦争
や世界中にあふれる軋轢を憂慮し「冷やし足りない」という意味を持つタイトルに
「いまの世界はまるで頭に血が上ったかのような状態。
もっと冷静になろう。」とのメッセージを込めた。

沖縄の基地問題に大きな懸念を持つ坂本龍一とうないぐみが、あくまでも冷静(undercooled)に
優しく、かつ強く、音楽と歌の力で平和な沖縄、平和な日本、そして戦争の無い世界の実現を
希求し制作したのが本作。

タイトルの「弥勒世果報(みるくゆがふ)」は沖縄古来の信仰で「弥勒神(みるくがみ)が
もたらす理想的な平和で豊かな世の中」の意。
沖縄語の歌詞の内容は自然賛美~戦争の哀れ~弥勒世果報(みるくゆがふ)への願いを歌っている。









辺野古基金ホームページはこちらから★


リリース情報

「弥勒世果報(みるくゆがふ) – undercooled」
2015年10月7日発売 *配信は9月16日より先行でスタート
RZCM-59982 1,000円(税抜)
<収録内容>
1. 弥勒世果報(みるくゆがふ) – undercooled 作詞/佐原一哉、古謝美佐子 作 編曲/坂本龍一
2. 弥勒世果報(みるくゆがふ) – undercooled : instrumental 作編曲/坂本龍一

弥勒世果報~Undercooled~/うないぐみ+坂本龍一



¥1,080

Amazon.co.jp

オリジナルのundercooled




スポンサーサイト
2015-08-25 12:00 : 沖縄 :

雨が降るとダイオキシン土壌汚染・・・・

NHKは今日も放送しません、国会中継はこちらで★



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


この除染廃棄物もビニールシートが破れて問題となってますが
雨に濡れないようにと言い続けてますが、沖縄はこういう問題も☆
沖縄市サッカー場・汚染可能性ある土壌浸水

先週県内を直撃した台風9号は大きな被害をもたらしましたが、こんな心配も出てきました。
地中から108本のドラム缶が見つかり、ダイオキシン汚染が発覚した沖縄市のサッカー場では
汚染の可能性のある土壌が水に浸かっているのが確認されました。

先週11日に撮影された沖縄市サッカー場。汚染された土壌や水の拡散を防ぐために敷き詰められていた
ブルーシートが破れたり、ずり落ちたりして土壌がむき出しになっていました。

一方、7月13日の現場では、深さおよそ8メートルの谷間からは溜まった雨水を
排水するためのビニールパイプがそばを流れる川に延びているのが確認できます。

11日の写真ではビニールパイプがパンパンに膨れているのがわかります。

この場所では108本のドラム缶が見つかり内容物や土壌がダイオキシン類や
、発がん性物質などに汚染されていることがわかっています。

現場を見た沖縄市議会の池原秀明議員は「なぜこのブルーシートを敷いたかというと、
雨水対策だと」「汚染土壌が浸水されないようにという防止のために、シートを敷いている
ということだったんですけど」「今回の台風によって、汚染土壌がむき出しになって、
雨水に晒されてきた」と話していました。

県内では今後も、台風の影響などが考えられることから、汚染された土壌や水が広がるので
はと心配されています。

  • 沖縄市サッカー場 汚染可能性の土処理課題に

  • 沖縄市サッカー場 地中からさらに多量のドラム缶

  • 沖縄市サッカー場 新たに13本のドラム缶を発見

  • 沖縄市サッカー場 新たに発見されたドラム缶を調査

  • 沖縄市サッカー場 地表近く今度は手りゅう弾


  • ■これらを遺棄したのはもちろん米軍です。
    一応照屋議員から国会でも質問されてます
    沖縄市サッカー場改修工事現場で発見された在沖米軍遺棄・埋設ドラム缶
    からのダイオキシン類検出及び枯れ葉剤問題に関する質問主意書

    質問本文(PDF)へ
    | 答弁本文(HTML)へ
    | 答弁本文(PDF)へ


    海だろうが埋めてしまいます。
    みんな楽しくhapyyがいい♪さまが詳しく書き起こしをされてます☆☆

    沖縄の海が危ない>毒ガス化学兵器沖縄海洋投棄
    「海に捨てた鉄製の容器は50年経つと壊れ、ガスや化学兵器は今、
    毒が流れだそうとしている」


    戦争中の本土攻撃の盾にされ住民の多くが犠牲、戦後も基地として犠牲
    こういう事も何も考えずに沖縄住民を批判する新聞記者が問題になってます。


    末期的報道クライシスです。
    2015-07-16 12:59 : 沖縄 :

    歪んだ認識☆基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る、沖縄は本当に被害者なのか

    この前の記事の続きのような記事です、沖縄の認識、日米ガイドラインほとんどの国民は
    知らないのではないでしょう。




    報道ステーションが取り上げたことを貴重ですが、いかに今まで報道されなかったか。
    これは是非ご覧ください!

    20150623 沖縄慰霊の日・日米地位協定 投稿者 tvpickup

    ネットではざまあみやあれいさんがずっと指摘されてました。


    いまだ米国が助けてくれると思ってるんでしょうか。

    これまでは、国土の0.6%に米軍基地の74%が集中している沖縄の異常な現実は、
    アメリカ政府が基地返還要求に応じなかった結果と言われてきた。
    ところが、まったく逆にアメリカ政府は72年返還時に在沖海兵隊の撤退を検討し、
    日本政府がそれに反対して沖縄での駐留継続を要求していたという驚くべき事実が
    オーストラリア外務省の公文書から見つかった。

    辺野古新基地は、「日本版海兵隊基地」だった(最終アップデート版)より★詳細はリンク先でどうぞ★

    沖縄に対する偏見は根強いです、基地反対は左翼、プロ市民、中国が攻めてくる。
    軍事力は国を富ませません、世界最大の軍事力のある米国が今どういう状況か・・・

    そして歪んだこういう認識が~
    この前の記事の百田さんの発言、沖縄についてもっとひどい認識を☆




    作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを
    「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、
    みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、
    基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。

    安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を
    推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。

     実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。
    沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざる
    を得なくなった経緯がある。

     勉強会は冒頭以外、非公開。
    関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。
    「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」
    などと持論を展開したという。

     普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、
    那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、
    「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの
    見解を示したという。

     「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。。
    沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。

     議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、
    百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、
    沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

     出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し
    「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。
    文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、
    「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。
    >歪んでいるのはどちらでしょう!

     勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、
    萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。
    2015-06-26 18:45 : 沖縄 :

    「みるく世がやゆら」☆「今は平和でしょうか」=鎮魂祈り、高3が詩朗読






    海外メディアは伝えてますが相変わらず日本のメディアはあまり伝えないですね。

    報道ステーションは日米地位協定の不条理を報道、ほかの国の対応も報道。
    首都圏の空は米軍の管制下、日本のようにいいなりの国はありません。
    ドイツは地位協定で不平等改定したんですね。日本も可能だと。多くの国民が
    後押しすれば不可能ではないのに、本土の無関心さが今の沖縄を追い詰めてます、
    沖縄がいつも犠牲です。

    そして慰霊の日の追悼式典での平和の唄に選ばれた純粋な美しい高校生の、魂の
    朗読、清められるようです。

    平和の尊さを訴えてます。



    今月23日の慰霊の日に開かれる戦没者追悼式典で「平和の詩」を朗読する
    与勝高校3年の知念捷さんが18日会見し詩に込めた思いを語りました。

     知念さんの作品「みるく世がやゆら」は「平和でしょうか」という意味で、
    祖父の姉の戦争体験が綴られています。

     詩の中では認知症の症状が年々重くなっていく祖父の姉と時代と共に薄れていく
    沖縄戦の記憶、そして失われゆく沖縄の言語の三つを「風化していくもの」としてかけあわせ、
    うちなーぐちを織り交ぜながら、「みるく世がやゆら」すなわち 「平和でしょうか」
    と何度も訴えかけています。

     「戦後生まれの私たちは(戦争は)表面的な事であって本当の悲しみに完全に
    寄り添う事は出来ないと思う。
    でもこの詩で少しでも彼女の思いや悲しみを感じ取って平和の思いを改めて欲しいなと思う」
    (知念捷さん)
     知念さんはまた追悼式典に向けて「この詩を沖縄だけでなく世界中で戦争の悲しみ
    を背負う人たちの心に届けたい」と語りました。

    2015-06-23 22:46 : 沖縄 :

    43年目に明かされる沖縄返還の内幕の極秘資料☆

    密約で逮捕された西山さんのことは触れてないようです?

    総理秘書官 楠田實(くすだみのる) (1924-2003)


    再放送は5月15日(14日深夜) ですが沖縄が返還されたのは、1972年(昭和47年)5月15日
    佐藤総理のアメリカが朝鮮半島で戦った場合
    日本が戦争に巻き込まれても仕方がない
    は今の安部総理の集団的自衛権の意図と同じ気がします・・・



    1972年、アメリカからの沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作 元総理。
    この歴史的交渉を間近で見た秘書官が残した資料が見つかった。

    沖縄返還を巡っては、これまで民間人の密使である若泉敬の手記は
    明らかになっていたが、官邸中枢の記録が大量に見つかったのは、初めてのことだ。

    佐藤政権は、沖縄返還をどのようにして成し遂げたのか。
    そして、アメリカ政府との間で、どのような駆け引きがあったのか。

    資料をもとに、現在の基地問題や日米関係へとつながる、戦後日本の転換点・
    沖縄返還における政権中枢の決定とその過程に迫る。

    引用元:NHKスペシャル

    ■「沖縄返還」をアメリカに実行してもらう代わりに、沖縄だけではなく本土の基地も含めて、
    「有事の際」には米軍が無期限に使うことができるというという約束をしたと資料は伝えてます。

    沖縄の負担軽減を今殊更に言いますが、要するに日本中が米国の基地状態
    になるということです。
    どこの国よりも高い値段でぼったくりのようにオスプレイを購入し
    オスプレイ調達、突っ込みが甘い日本共産党
    共産党が怪しまれるわけです^^;;

    米空軍 横田基地にオスプレイの配備検討
    もうオスプレイが平気で飛行しています。
    父が8日の日に目撃しましたが東京新聞では記事になってました。

    日本は大きく変わろうとしています、9条なしの日本はもう平和の砦失うようです。
    2015-05-11 10:20 : 沖縄 :
    ホーム  次のページ »

    プロフィール

    星月夜☆

    Author:星月夜☆
    FC2ブログへようこそ!

    最新トラックバック

    カテゴリ

    この記事にリンクを貼る

    FC2カウンター☆

    月と星と妖精ダストのブログパーツ

    特別な日には流れ星が降ります

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。