スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

天使の顔をしてやってきた悪魔~

 災害時どれだけ救いを求め希望だったのにと思うとやりきれないです。

PKO隊員らの性的搾取と虐待、申し立て480件 ニューヨーク=金成隆一2015年6月11日21時13分
紛争地域などに展開する国連平和維持活動(PKO)の隊員らに
関する性的な搾取と虐待の申し立てが2008~13年の
6年間で約480件に達していることが国連の報告書でわかった。

中米ハイチでは200人以上の女性が、支援物資などを受け取るために
隊員と性的関係を持ったと証言しており、報告書は早期改善
を強く求めている。


「物資見返り、な隊員と性交渉」 ハイチ女性200人証言 詳細はリンク先の記事で。

報告書によると、約480件のうち3分の1以上で18歳未満が被害者に。

申し立てが多いのはコンゴ民主共和国とハイチ、リベリア、南スーダンに
展開中のPKOという。

▪こちらは赤十字️米赤十字、ハイチ地震の救援募金めぐる疑惑に反論
CNN.co.jp 6月5日 15時21分配信

(CNN) 米赤十字は、2010年に発生したハイチ地震で集めた救援募金4億8800万ドル
(約605億円) の使い方に問題があったとする疑惑に対し、「バランスや関連性、正確性を欠く」
指摘だとの声明を発表した。

その中で「書面で100以上の質問に答え、国際プログラムの責任者と
のインタビューに応じたにも関わらず、われわれの仕事が誤って伝えられたことがとりわけ残念だ」
と訴えた。


この疑惑は米公共ラジオ(NPR)と非営利の報道機関「プロパブリカ」が3日に報じたもの。

報道は米赤十字の内部文書やハイチでの現地取材、関係者へのインタビューを もとに構成。

自力ではプロジェクトを進められないと判断した米赤十字が寄付金で賄う
業務を他の組織に丸投げした結果、間接費や運営費が高騰した問題
(プロジェクト予算を3割以上オーバーした例も)などを取り上げた。

また、米赤十字と米国際開発局(USAID)が提携した住宅建設計画について、
用地確保の遅れや米赤十字幹部の入れ替わり、方針変更により 計画が進まなかったと
する会計検査院(GAO)の報告書も引用された。

これに対し米赤十字は、ハイチ支援プログラムにより浄水の供給や衛生状態の向上を実現したほか、
「10万を超える人々をテント生活から安全で暮らしやすい住宅に移した」と主張した。

また、恒久的な住宅を6棟しか建てていないとの指摘には、
既存住宅の改修や賃貸料の補助など「幅広い選択肢で安全な住宅を供給することに力を入れた」と反論。

「13万2000人以上に安全で丈夫な住宅を供給した」としている

もっとも赤十字は、ハイチでの資金の使途について大まかな分類ごとの額
は明らかにしているものの、 詳細の公表には応じていない。

し、「バランスや関連性、正確性を欠く」指摘 だとの声明を発表した。

その中で「書面で100以上の質問に答え、国際プログラムの責任者との
インタビューに応じたにも関わらず、われわれの仕事が誤って
伝えられたことがとりわけ残念だ」と訴えた。

この疑惑は米公共ラジオ(NPR)と非営利の報道機関「プロパブリカ」が3日に報じたもの。

報道は米赤十字の内部文書やハイチでの現地取材、関係者へのインタビューをもとに構成。

自力ではプロジェクトを進められないと判断した米赤十字が寄付金で
賄う業務を他の組織に丸投げした結果、間接費や運営費が高騰した問題
(プロジェクト予算を3割以上オーバーした例も)などを取り上げた。

また、米赤十字と米国際開発局(USAID)が提携した住宅建設計画について、
用地確保の遅れや米赤十字幹部の入れ替わり、方針変更により計画
が進まなかったとする会計検査院(GAO)の報告書も引用された。

これに対し米赤十字は、ハイチ支援プログラムにより浄水の供給や衛生状態の向上を実現したほか、
「10万を超える人々をテント生活から安全で暮らしやすい住宅に移した」と
主張した。

また、恒久的な住宅を6棟しか建てていないとの指摘には、
既存住宅の改修や賃貸料の補助など「幅広い選択肢で安全な住宅を
供給することに力を入れた」と反論。

「13万2000人以上に安全で丈夫な住宅を供給した」としている

もっとも赤十字は、ハイチでの資金の使途について大まかな分類
ごとの額は明らかにしているものの、詳細の公表には応じていない。
スポンサーサイト
2015-06-12 14:00 : 災害 :

「日本列島、火山活動が活発化 「今が普通の状態かも」」☆そんな国が再稼働の狂気






今になってこういわれても




日本だけの問題ではありません・・・



そもそも総研で取り上げました、まだ未視聴です☆




morningbird_somosomofunkashitarataihennakazanga... 投稿者 soekosan

▶ まだまだある!? 噴火したら大変な火山は?

▶ 【噴火したら大変な火山】 市街地 望む 溶岩ドーム

▶ 【噴火したらどうなる?】 北海道・樽前山 大きな影響とは?

▶ 【震源が移動?】 箱根山の火山活動 今後どうなる?

▶ 【むすび】 噴火して驚くような「危機管理」でいいのか?




2015-06-06 19:00 : 災害 :

人類滅亡、12のシナリオ☆もっとも厄介なのが人工知能で、いったん暴れだしたら、もう生身の人間には止められない

滅亡のシナリオ2013年版には
宇宙人襲来、全球凍結(スノーボールアース)、太陽フレア、ブラックホールの接近、
,ビッグリップ(宇宙の終焉についての仮説の一つで宇宙の全ての物質は宇宙の膨張のため
に未来のある時点でバラバラになるというもの。)・・・・宇宙関係の危機が多いです^^;;

Y染色体の消滅もありました。新たな人類種の出現・・・詳細はリンク先でどうぞ。


今回は ニッセイ基礎研究所  2015年05月15日 16:57
人類滅亡、12のシナリオ-オックスフォード大学等の公表したレポートより - 安井 義浩

このレポート作成に携わったのは、英国のオックスフォード大学やその傘下の
フューチャーヒューマニティ研究所の科学者、スウェーデンにあるグローバルチャレンジ財団、
そしてその他金融・経済の専門家(ちなみに再保険会社のアクチュアリーも
メンバーに名を連ねている)、などの錚々たるメンバーである。

早速、その12のリスクとは…。

【現在進行中のリスク】
1.極端な気候変化
地球温暖化など極端な気候の変化が、飢餓を生み、社会崩壊による移民の増加をもたらすなど。

2.核戦争
20世紀における米国対ソ連の全面核戦争の可能性は低くなっているが、その他の突発的
なものも含め、可能性は無視できない。

3.世界規模のパンデミック
衛生状態の改善や個々の研究は進歩している反面、人の往来の激しさ、速さは増しており、
可能性が高まっている。

4.生態系の崩壊
環境汚染による生態系の破壊により、生物種が絶滅する速さが増す。

5.国際的なシステムの崩壊
世界経済がグローバル化して、経済危機や貧富の拡大が起こりやすくなり、
大きな社会混乱や無法状態をもたらす可能性がある。

【外因的なリスク】
6.巨大隕石の衝突
隕石の衝突地域が全滅しうることに加え、生じる塵が地球を覆い、寒冷化や生態系の破壊をもたらす。

7.大規模な火山噴火
隕石や核戦争と同様、塵による日光遮断と寒冷化、それが飢餓や政治的混乱を引き起こす。

【新たなリスク】
8.合成生物学
人工的な病原体の生成など。ゲームや映画で目にする「バイオハザード」の世界。

9.ナノテクノロジー
ナノテクが小型核兵器などの開発に転用される可能性がある。

10.人工知能
人間による制御が不可能になった、人工知能独裁者や膨大なロボットの出現。
映画「ターミネーター」などの世界。

11.その他の全く未知の可能性

【国際政治のリスク】

12.政治の失敗による国際的影響
何か上記のような問題が発生した際、まずはその国の政治が適切に対処しないと、
問題を世界全体に拡げ、さらに悪化させることになる。


ほかにもあるだろう、と思ってみていると、上記11.未知の可能性、の一例として
「人類を不妊にする超汚染物質の開発」
「人工ブラックホールが開発され、地球を飲み込むこと」
「動物実験により人類を超える知能をもつ生物が出現」
「誰かが地球外生命(ET)にコンタクトし、危険な異星人(エイリアン)の注意を呼び寄せること」
が、挙げてあった。過去には「ばかげている」と考えられていたことが現実の脅威となっている
ケースもあるので、どんな可能性も否定できないとのことである。


このあとレポートは、それぞれのリスクの関連性や、リスクを軽減できる可能性などについて
述べている。
もっとも厄介なのが、少し意外ではあるが、
10.人工知能で、いったん暴れだしたら、もう生身の人間には止められないからということ
になっている。
(映画にもよく題材となってます。)

このレポートの本質的な狙いは、行動と対話を促すことにあるとのこと。さらに具体的に言えば、
(1)各種リスクの知識を得ること、(2)対応策に向けた奮起を促すこと
、(3)国どうしや企業どうしなどの異なるグループをつなぎ協力を促すこと、
(4)できれば実際の対策を伝えること、とされている。

最後にこれらのリスクに対峙するために、以下の10項目が示されている。
1.世界規模のリーダーシップ・ネットワークを構築すること
2.より良いリスク査定能力を育てること
3.危機探知システムを構築すること
4.極度に複雑な社会システムを視覚化すること
5.リスクを減らす正しい方策を強調して伝えること
6.あらゆる可能性に注意を向けること
7.大きなリスクに対する関心を高めること
8.大きなリスクに対しては、適切な言語で説明を明記すること
9.地球規模のリスクに対する指標を政府が確立すること
10.世界リスク機構といったものの設立の可能性を探ること


http://globalchallenges.org/publications/globalrisks/about-the-project/

【PDF版はこちら】

2015-05-31 23:22 : 災害 :

箱根だけではない☆チリの火山噴火や、ネパール、与那国島、オセアニア、カナダ、日本、大地震や火山活動が頻発


箱根だけではありません・・・・






箱根の事は差から晩まで報道しても、関連付けて報道すればいいのにどんなに噴火しても
あまり騒がれない桜島。

なるほどこういう事ですか、裁判再稼働止められないのは。


世界的に見ても連動しているのではと。

米国オレゴン州沿岸で海底火山が噴火。地震の回数も 8,000回を超える

詳細はリンク先でどうぞ。
2015-05-07 07:40 : 災害 :

世紀末のような火山噴火そして大地は揺れ続けている☆

M7..5から7,9に訂正があったそうです。

チリの大噴火に驚愕したばかりなのに・・・・

すさまじい映像です・・・


これを見ても再稼働と平気♪でいる推進派。

川内原発再稼働差し止め仮処分却下の裁判長は何考えてるんでしょう。
桜島、阿蘇も噴火続いてます・・・が報道はほとんどされてません・・



大地は引き続き揺れてます。



2015-04-25 16:45 : 災害 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。