スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

放射能汚染の中で生きる




政治にも野田さんにも全く期待してない、再稼働も容認した
原子力村は無傷で生き残ってる、東電は豊かに暮らしてる、
被災者 それを許してきた野田さんは主犯。

安全性など確認できない、収束をどうやってできるかわからない




動画をアップした方のメッセージ☆

40年以上にわたり原発を反対し続けてきた、
わたしの尊敬する小出裕章氏の静岡での講演後半の
質疑応答の模様とわたしの思い"愛するあなたへの遺言"
を最後に加えました。
­ピアノ演奏と作曲はウォン・ウィンツァン氏
スポンサーサイト
2012-08-31 22:28 : 小出京大原子炉研救助助教☆ : コメント : 0 :

小出先生vs原発スイシンジャー☆4号機の使用済み燃料プールの水温が上昇している件について

追記☆地震福島の方大丈夫ですか?福島沖震度4 福島浜通り震度3・・

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2012年4月16日(月)、文化放送の「吉田照美 ソコダイジナトコ」より、
4号機の使用済燃料プールの温度上昇、夜間の青白い光(出てないと大丈夫だそうです)
2号機の格納容器内の水位(そこから60センチ)、遮水壁が作られない理由
新しく見直された3つの避難区域、スイシンジャーへの出演

小出先生のまとめサイトより



■4号機の使用済み燃料プールの水温が上昇している件について(情報があまりなく
東電もマスコミは、あまり触れたくない雰囲気)

小出助教
冷却回路が止まったということですから。温度が上がってしまうのは仕方のないことだと
思います。すこしずつ少しずつ上がってくるでしょうし。
それがあの沸騰するようになってしまいますと、水がどんどん無くなってしまいますので。
それまでに、冷却回路をきちっとまた復旧させるというさ…ことだと思います。」

「え…作業はもちろん進められていると思いますが。作業をするにしても、労働者が被曝をしてしまうという大変な作業環境ですので。なかなかまあ、う…簡単には進まないでしょうけれども。ただちに、すぐに危険になるというようなことではないと思います」

(4月13日午後18時の東電の会見、冷却システムのトラブルは解消、復旧したと発表)

■4号機の辺りから青白い光がネット上で騒がれてる件

小出助教
ようするにあの夜間のですね、え…照明の関係でそういう色が見えるということなのであって。え…使用済燃料プールの温度が上がるからなにか光が出てくるとかそういうことはない

■2号機の圧力容器の底の部分にある温度計が計測不能になったと東電の発表があったが-
(現在、「生きている温度計}は1個だけとなった)

瞬時に6度上昇、異常と判断=2号機圧力容器温度計で―東電 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com


小出助教
事故が起きてもういわゆる事故が終わって、今は静かな状態なのかと言えばそうではなくて。
事故を起こさせた放射性物質自身がまだまだ原子炉の中にあるわけ、ですし。

猛烈な放射線を出し続けていて。もし人間が格納容器の中に入れば数分で死んでしまうという
ほどの、猛烈な被曝環境なの、です。ですから、人間が死んでしまうということは、ほかの物体だって傷を受けていってるわけで温度計、あるいはその温度計のシグナルを伝達するためのケーブルというようなものも、次々とダメになっていっているというそういう状況ですね」

*これでは温度に異常があり上昇しても温度計の故障という東電見解でいつも見逃され、近いうちに2号機の原子炉の温度は不明になるのでは?*

■2号機の格納容器内で73シーベルト/時という高い放射線量が計測されたことと、
原子炉の中の水の深さが4メートルあると東電が言っていたが
実際は60センチの水位しかなかったということから、2号機の今の正確な状況が分かるものなのか

小出助教、
2号機の場合には事故が起きた3月15日に格納容器と呼ばれてる物を構成している一部である、
サプレッションチェンバーというところに大きな爆発があったということが報じられていて。

そこでもし穴があいてしまえば、60センチぐらいしか水がたまらないということは当たり前のことなのです。ですから、なんで東京電力が4メートルもあると思った、あるいは期待したのか、それがむしろ不思議なのであって」

(昨日のニュースでは2号機大きな損傷はないと東電発表してた気が・・)

■2号機にはそいで毎時およそ9トンの冷却水を注入してると、いうことなんですけど。当然汚染水の行き場ってのは気になるところ、汚染水を海洋に垂れ流さないために遮水壁の設置が
去年言われていたが・・

小出助教
環境の汚染を食い止めるためには真っ先にやらなければいけないと。当時も思いましたし
今もそう思っていますが。え…、まあお金もかかるでしょうし、大工事になりますので。
労働者の被曝もまたそれによって増えてしまうということは、仕方のないことだと思います。
でもやって欲しいです」


吉田
これやらない理由ってのは、まあ想像でやっぱりお金がかかるから東京電力はやらないっていう見方をしてる人は多くて。僕なんかもそう思うわけですけど」

■4月1日に計画的避難区域が、放射線量に応じて3区域に再編成されて
(1)早期の帰還をめざす「避難指示解除準備区域」(年間換算の放射線量が20ミリシーベルト以下)
(2)帰還まで数年以上かかる「居住制限区域」(20~50ミリシーベルト)
(3)5年以上帰宅できない「帰還困難区域」(50ミリシーベルト超)
の3区域に分類されたことについて-

小出助教
これは言語道断。日本の政府は犯罪を働いている。

日本というこの国は法治国家だと自分で言ってきて。人々を1年間に1ミリシーベルト以上は被曝をさせないと言ってきた国なのですから、それを守るような方策こそ作るべきなのであって。それを超えて被曝をしてしまうということを承知しながらそこに人々を戻すなん、ていうことは、到底許すべきことでないと私は思います」

■廃炉までの工程表が出てきたが、高い放射線のためにロボットも役に立たないっていう状況の中では、やっぱり見通しとしては、これは…結局どうなんですか、作業的には。

小出助教

工程表どおりに行くわけがない、政府も東電は、まだ現実を直視できない。

その工程表を出して、皆さんを安心させたいというそういう思いから作ってるわけですけれども。
単なる絵に描いた餅に過ぎません

■福井県の飯原発再稼動の政府の動きについて-

小出助教

なんで、こんなことが起きるのか、私にはさっぱり理解ができない、のです。はい。現実にいま目の前で、福島第一原子力発電所の事故がまだ収束もできないまま続いている、
事故の原因すらがわからない、これまでの原子力の規制のやりかたが間違えてしまって
いたということがわかっている、のに、それを進めてきた人たちが誰一人、責任を取ることがないまま、相変わらず昔のままのやり方で、安全性を確認したとか言う、わけですね

本当に、わけの分らない国だと思う。


■原発推進ジャーという、大変よくまとまっている動画の件。
小出助教にいつオファーがあって、いつ頃撮影されたものなのか-



小出助教

2月の末に東京に行ったときに、この動画の制作者たちが会場に来ていて、いつか京大原子炉実験所で会いたいという話があった。

3月中頃に、彼らが京大原子炉実験所にやってきて、職場で撮影したもの。

私は今は自分で戦争だと言っていますし、
原子力を止めるためにはなんでも出来ることをやろうと思ってきました。」

ざまぁやがれいさんが書き起こしまとめています

(1)①はこちらからどうぞ

(2)②はこちらからどうぞ



こちらも以前もご紹介しましたが保存版、まさいにスイシンジャーとの戦いです。

2012-04-22 19:54 : 小出京大原子炉研救助助教☆ : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

小出先生の「使用済み核燃料の再処理」の説明☆夢から覚めない原子力帝国

原子力村ではない帝国だと、先日坂本龍一さんが語ってました・・・。

安全性も対策もあやしいですが何といっても使用済み核燃料が再稼働すれば出ます。
それをどうするのか、今までのも満杯にちかい状態です・・

2012年4月19日(木)、小出裕章氏が毎日放送「たね蒔きジャーナル」に出演。原子力安全委員会の
使用済燃料の再処理コスト計算についてお話されてます、ざまあみやがれいさんの記事からの転載です。

詳細はこちらからどうぞ☆小出裕章の「使用済み核燃料の再処理」の説明が、ウナるぐらいにわかりやすい!



千葉「内閣府の原子力委員会の小委員会が、使用済み核燃料の2030年までにかかる処理費用の試算というものを発表しております。」

東京新聞:原発ゼロが最安7.1兆円 使用済み核燃料処理費用:社会(TOKYO Web)


PK2012042002100018_size0



千葉「で、その内容なんですが、今後原発を維持するのか、減らすのか、なくすのかという3つのやり方を仮定した上で、これまで出たもの、そしてその間に出る使用済み核燃料を、再処理するのか、それともそのまま土に埋めてしまうのか、という方法について、それぞれかかるお金を計算したということなんですけれども、ちょっとこのニュース分かりにくくてですね。あの、まず使用済み核燃料の再処理ということなんですが。これはいったいどういうことなのかというのを改めて教えてもらえませんか」

小出「はい。ええ…天然に存在している核分裂する物質というものは、ウランしかない、のです。え…ただ、ウランの中でも、核分裂するウランと核分裂しないウランというものがありまして。」
小出「核分裂するウラン、235番という番号が付いてるのですが。それはウラン全体の0.7パーセントしかない、のです。」


小出「で…米国は、その核分裂するウランを、なんとか原爆にしようとして、え…ウラン全体の中から、235番というウランだけを、必死で集めるという作業をしました。」
小出「それを濃縮と私たちは呼んでいる、のですが。」

小出「その作業を成し遂げて、広島原爆を作りました」

小出「しかし、え…ほとんどのウランは、は核分裂しないウランなのであって」

小出「それをなんとか出来ないかということでまた物理学者が別のことを教えたの、です。で…要するに役に立たないウラン…核分裂しないウラン238番という番号が付いているのですが。それに中性子をぶつけることが出来れば、プルトニウムという物質が自然にできる」

小出「で…それもまた実は核分裂するんだと。それで原爆を作った方が手っ取り早いぞということを
教えまして。米国は、そちらの方向の原爆開発に力をいれるようになりました。

そして長崎原爆を作り上げるということをやった、のです。で…では原子力というものをエネルギー源に
しようとするとどうなるかということですが。核分裂するウラン、235番のウランは、
まあなんといっても0.7%しかない、し、それをいくら使ったところで、
原子力はエネルギー資源にならない
ということが初めからわかっていた、のです」

小出「ですから、現在、日本もやっている、普通の原子力なんていうものは、エネルギー源にもともとならないもん、だということが、まあ私たちのような専門家の間ではもう、とうの昔からわかっていたことなの、です。」

千葉「すぐに燃料がなくなってしまうということですか」

小出「そうです(苦笑)。はい。もうウランの235なんてのはすぐにもう無くなってしまって。エネルギー源にならないと。いうのはわかっていた、のです。え…そこで、長崎原爆を作ったと同じように、ウラン全体の99.3%を占めている238番のウランの方を、プルトニウムに何とか変えてやることができれば、少しはエネルギー資源になると、考えた、のです」


小出「それで…そのために必要な作業が、高速増殖炉という、特殊な原子炉、をまず作らなければいけませんし。その原子炉の中で、プルトニウムをどんどん効率的に生みだして、それを再処理という工程で、とり出す、プルトニウムを。え…それをまた、次に、高速増殖炉で燃やしながらどんどんどんどん増殖していこうというそういう考え方だった、のです。

しかし一向に再処理もできませんし、高速増殖炉も、できない、ということで。もう世界中がその路線から撤退してしまっている、のです。ですから日本も早く夢から覚めるべき、なのですけれども。あいかわらず日本というこの国は、再処理だ、高速増殖炉だ、というようなことを言い続けてきてしまったのです。」

千葉「そうですよね。あの、再処理ってのは今、日本では行なわれていないんですよねえ」

小出「はい。もともとですから、原爆を作りたい、ということでプルトニウムをとり出すというのが、その再処理という技術、なのです。え…ですから、極めて高度な軍事技術なのであって。え…外国はけして教えてくれないのですね、そのことを。技術の内容を」


小出「それで日本は、さきの戦争に負けましたので。え…いわゆる核技術、原子力技術という点では、もう圧倒的な後進国になってしまいまして。再処理ということも全くできなかった、のです。え…そのためこれまでは、イギリスとフランスに、日本の原子力発電所の使用済燃料を送って、イギリス・フランスに再処理してもらってきた、のです。」

小出「それでもなんとか自分でも再処理をしたいということで。1977年に、え…茨城県の東海村に小さな再処理工場を、フランスにつくってもらって、動かし始め、ました。で…その技術をなんとか日本が、学んで、六ヶ所村に大きな再処理工場を作りたいと、計画していたのですが。

とうとう日本ではやっぱり作れないと、いうことで六ヶ所村にも、フランスにつくってもらってきているのですけれども。その再処理工場すらが、一部日本の技術でやろうとしたところで失敗しまして。未だに動かないと、いう状態になってしまっています」

千葉「あの、そんな中で、これまあ、あの、一種の国策を変えることも検討してるのかと思うんです
けれども、内閣府の小委員会は一番安いケースとして、え…お金がかからないケースとして、2020年までに原発を全て廃止して、出された使用済み核燃料は、再処理という作業をしないで、そのまま土に埋めてしまうと、いう、事の試算も出しているんですけれども、これは小出さんはどう思われますか」

小出「ええっと、もちろんそうだと思います。要するに再処理なんてものはもう途方も無い危険をかかえますし。大変危険な作業ですので、それをやらないほうがもちろん安くつきますし、原子力全体にしても、もう、やめてしまったほうがお金がかからないと、いうことは、あの、私は当然のことだと思いますし。え…再処理もやらない、原子力も本当はやらないというのが1番望ましいことだと、思います。

ただし、ですけれども、え…使用済み燃料がもうすでにつくってしまったものが膨大にありまして、それを再処理やらないにしても何とかしなければいけない。それを直接、地面に埋めてしまおうというのがまあ、い、今回、原子力安全委員会がまあ考えたもう一方の策なわけですけれども。それすらが、とても大変な作業なのであって。」
小出「埋めたとしても100万年間、環境に、出てこないようにしなければいけないというものですから」

小出「え…おカネ勘定、実は実際にはできないんです」

千葉「そうですねえ」

千葉「藤田さんはいかがですか」

藤田「うーん。いやあの、そ、そういうことは想定した試算ではないんですね。その、100万年間かかる、その間面倒をみる費用というのは」

小出「(苦笑)」

藤田「想定されてないわけですよねこれ」

小出「ええ。埋めてしまえばですね、もう大丈夫だというのが、」

小出「そういう想定で試算をするのです。まずは」

藤田「大丈夫、とは言えないわけでしょ?」

小出「はい。ようするに科学が100万年なんていう期間を保証できる道理がないのであって。あたかもそれを出来るかのようにこれまで原子力を進めてきた人たちが言って、まあカネ勘定もしてきたんですね。その事自身が私は馬鹿げた事だとおもっています」
千葉「うーん。まだ、そんな土に埋めたから大丈夫だっていうことが実証出来てるわけではないですよね」

小出「はい、もちろん(苦笑)。実証するには100万年かかるわけですから」

※スタジオ笑い

小出「決してできない、のです」

千葉「はあーーー。そんな中で、こういった論議がなされていると」

小出「そうです」

千葉「で、おカネ計算も、そういう状況の中でなされているということですね」

小出「そうです。ですから、カネ、おカネの計算もいずれにしてもインチキなんです。」
2012-04-21 18:42 : 小出京大原子炉研救助助教☆ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

小出裕章京大原子炉助教4号機を語る②

田中優さんツイッターより
こちらからどうぞ☆
『 毎日新聞が、国内では書かないくせに海外版では福一4号炉を書いてる!
しかもすぐに削除!
「アメ<リカ原子力規制委員会(NRC)とフランス原子力会社アレバが4号機に異常を起こし、爆発する危険性を警告している。4号機が爆発した場合。首都圏の住民は避難を余儀なくされるでしょう。元国土交通大臣馬渕氏が、チェルノブイリで採用された4号機の使用済み燃料の底にコンクリートを注入する提案を
しました。
しかし、東京電力はコンクリートなしでも十分に強いという認識だ。」と。
知ってんなら日本語でも書けって。ー転載終わりー

日本語でも書いてるようですが、削除されてて記事の確認ができません。
4号機が危ないことは、あのボロボロ、いつのまにあんなに?爆発映像見たことありますか?
時系列にボロボロになる姿追ってみたいです。

産経、読売はは意外と1年前でも記事が残ってます。朝日、毎日、東京新聞は削除が早いです
システム上の問題かもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

前回の小出先生の4号機についてのインタビュー記事はこちらですクリックしてください第2回がアップされました。

こ引き続き志葉玲さん戦場ジャーナリストさんのインタビューですクリックするとツイッターに



前回の動画も*事故収束宣言どころの話ではない!*



クレヨンハウスから出たこの本はお子さんにも中高生ぐらいかなわかり易い本だそうです。

原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし/野村保子

¥1,260
Amazon.co.jp

4月12日に出るこの本・・・怖いけど^^;;読んでみたいです。
騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実/小出 裕章

¥1,000
Amazon.co.jp

小出先生も人間、歌も歌います^^たまにはこういうくつろいだ姿も♪
陽水ファンだそうです。*あこがれ*歌います、先生は声も素敵だと思います♥


こういう小出先生のお話がじっくり聞けます2時間の貴重な講演保存版です。

2012-04-07 21:39 : 小出京大原子炉研救助助教☆ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4号機小出先生語る☆毎日が綱渡り⇒福島第1原発1号機から3号機も

こういうニュースが流れました、こちらをクリック!
福島第1原発1~3号機の窒素封入一時停止 4月4日午前10時55分ごろ1~3号機格納容器への
窒素封入量ゼロを示して1時20分停止を作業員が発見、予備で復旧と発表。

社員や保安院は何も監視してないのでしょうか。
いつも思うのですが東電というのはもうやるきというかなんとか止めようという意欲はもうないのではと。問題が多すぎて、投げてる気がします、2号機の問題も後で書きますが、能力値超えてます。

こちらは志葉玲さん戦場ジャーナリストさんのインタビューですクリックするとツイッターに

*事故収束宣言どころの話ではない!*



3.11原発事故から1年余り。政府の「事故収束」宣言とは裏腹に、今現在も首都圏が壊滅しかねない危機が進行中だ。京大原子炉実験所の小出裕章氏に、4号機問題や日本の­原子力政策についてきいた。
まだ未視聴なので内容はほとんど書き出せません。

使用済み燃料プールは一切の防壁がない、炉心に含まれてる2,5倍の燃料が冷やされてる。

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2012年 04月号 [雑誌]/著者不明

¥820
Amazon.co.jp
こちらに小出先生のインタビューが掲載されてます。

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 増刊 検証原発事故報道~あの時伝えられたこと~ 2.../著者不明

¥1,800
Amazon.co.jp

こちらは評判高く、アマゾンでは在庫がなく、プレミア中古価格。
こちらからだと定価で申込みできます

掲載写真はこちらの動画で説明なさってます。

2012-04-04 20:35 : 小出京大原子炉研救助助教☆ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。