スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

無料の罠★LINE編

今中高生がはまってるLINE寝る間も惜しんで会話してトラブルも耐えません。

もう私など親目線^^;;とてもついていけません、確かに海外への

電話連絡は便利で始めは使いましたが、もう煩わしくて消去しました。


電話は無料ですのでほかの携帯会社脅かします。


ドコモも通信料頭打ちで通信料金の定額化打ち出しました。


6月からスマホ通話に定額制 ドコモが料金プラン大幅値下げ


lineは元ライブドアの優秀なスタッフが頑張ってるそうです。

LINE(ライン)が拡大するにつれて、力を発揮し始めたのは、買収された旧ライブドアの面々だった。


ライブドアももう在日企業、フジテレビもですが。


こちらからの情報です。無料の危険はこちらの記事でも

Gメール開設から10年、ユーザーが払う「無料」の代償

今回は第2弾です。


LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なラクリ」が分かった。

 LINEユーザーが4億人を突破したそうですリンク )。


4億人の中で、いったどれだけの人が「なぜ無料なのか?」を
知った上で利用しているのでしょうか。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す
「危険なカラクリ」が分かった。~マネーのプチ情報局~覚えていれば
損しない~
リンク より転載)

スマートフォンの普及と共に利用者が急増しているのが、
無料通話・メッセージアプリ。

中でも「LINE」は、国内利用者が去年11月末で3600万人を突破し、
日経MJ紙でも「2012年ヒット商品番付」西の大関に選ばれました。

でも、なぜ無料で使えるのでしょうか?

広告も特に見当たらないのに、購入代金も無料、
インストール後の利用代金も0円・・・

この無料通話アプリ「LINE」が儲けを出すカラクリに迫ったところ、
恐ろしいことが判明しました。

LINEユーザーは「他人の個人情報を受け渡す」報酬として、
無料通話を楽しんでいる可能性が高いのです。
「無料通話・メッセージアプリ」はパケット通信を利用しており、
(パケット通信料の定額サービスに加入していれば)ユーザーは
電話代を課金されることなく無制限に電話・メールが使用できます。

利用するには、お互いがアプリをインストールしている必要があります。

LINEはアプリ自体が無料で提供されていることもあってか、
「完全無料通話」などと宣伝されていますね。

LINEの特徴は、初期設定で氏名やメールアドレスといった情報を
入力する必要がなく、スマホの「電話番号」だけで登録が完了する手軽さ。

また、「友だちの自動追加」機能により、スマホ内にある連絡帳データから、
アプリを登録している相手を自動的に追加してくれます。

・・・さて、どこに儲けを出す仕組みがあるのでしょう?


LINEの特徴である「友だちの自動追加」機能を、現代版“金のなる木”とも
言われる「個人情報」の観点から追ってみます。

アドレス帳と同期して、LINEが自動的に友だちを見つけて追加してくれる。
    ↓↓
利用者のアドレス帳にある個人情報データを常時サーバーにアップし、
照合を行なっている。

ニュース等では殆ど触れられていませんが、
LINEの実態は、ユーザーのアドレス帳にある「親類・友人・知人の個人情報」を、
常時吸い上げている「個人情報流出アプリ」です

で、運営会社はLINEから吸い上げた膨大な個人情報をサーバー
から抽出し、それらを欲しがっている企業に渡すことで、
莫大な利益を得ると言うわけ。


「LINE」とは、韓国最大のインターネットサービス会社NHNの日本法人
「NHN Japan」が、独自に開発し、日本国内で生み出された無料通話アプリ。

同社は他に「Hangame Japan」(昔はハンゲームジャパンが社名だった)
・「NAVER」・「livedoor」などの事業を展開。

社名に“Japan”と入っていますが、れっきとした
「韓国企業」の在日法人です。

ユーザーに自覚があるかどうか知りませんが、LINEを使うことで
利用者は「自身の個人情報と、親類・友人の個人情報」を、
韓国企業のNHN側に渡しているのです。

ユーザーが個人情報を親類・友人・知人の分まで“
漏れなく”提供してくれるので、
その“お礼”としてNHN JapanはLINEアプリを無料にしているのです。

ちなみに、LINEがユーザー端末から自動取得する個人情報データは以下の通り。

(1)利用者本人の、電話番号、携帯電話用メールアドレス、
プロフィール情報
(2)利用者のアドレス帳に登録されている、
全ての電話番号、携帯電話用メールアドレス
(3)利用者本人の、Cookie、ログ(IPアドレス、ブラウザ種類等)、
位置情報

※アドレス帳内に登録されている、 (2)以外の情報(氏名・写真・住所・生年月日・携帯用メアド 以外のメールアドレス等)は取得していないとのこと。
リンク


国内3600万人のLINE利用者が「他人の個人情報を受け渡す」
報酬として、無料通話を楽しんでいる。と書いた理由が お分かりいただけたでしょうか。

アプリを利用する際の“個人情報の取り扱い”で、
LINEは上記の個人情報を収集すると「利用規約」「 プライバシーポリシー」にしっかり記載されています。

ユーザーの皆さんはこれらに目を通して理解したうえで、
「同意します」とタップしているのですから。

無料のカラクリを調べれば調べるほど、
「名簿業者・迷惑メール業者の片棒を担いでいる」 可能性さえ否定できない、個人情報流出機能が搭載された 無料アプリが「LINE」です。

ユーザーの個人情報だけでなく、
「他人の個人情報まで盗むスパイウェア」と言っても過言ではないと思われます。

親戚・友人・知人のうち「たった1人でも」LINEに登録していればその時点でアナタの個人情報は「アウト」!

自分自身がLINEを使っていなくても、もう既に、
アナタの個人情報は「NHN Japan」のサーバーに吸い上げられています(泣)。

なぜ“無料”というだけで、こんな危険なアプリケーションが
もてはやされるのか、理解できません。

国内3600万人のユーザーが、自分&他人の個人情報を
韓国企業にせっせと「貢いでいる」・・・

恐ろしいことですが、これこそLINEが無料で儲けを生み出すカラクリなのです。
(参考)【NAVER LINE】プライバシーポリシー
ペタしてね
スポンサーサイト
2014-04-09 23:45 : 個人情報 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

Gメール開設から10年、ユーザーが払う「無料」の代償

チリ北部沿岸でM8.2の地震 チリやペルー沿岸で津波観測(4/2)

ロイターではライブ中継を・・・・
まだハワイにも津波は来てないようです・・・・・

注意今回の地震の震央付近で過去に発生した地震による津波 ***

1960年 5月23日  MW9.5   太平洋沿岸で1mから4m程度
1985年 3月 4日  MW7.9   18CM(八丈島)

1995年 7月30日  MW8.0   29CM(八戸)
2001年 6月24日  MW8.4   28CM(根室市花咲)

2007年 8月16日  MW8.0   15CM(根室市花咲、八戸、宮古、

石垣島石垣港)

2010年 2月27日  MW8.8   1.2M(久慈港、須崎港) 

くれぐれもお気を付けください。

被害がないよう祈ります。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

※無料のものは何でも個人情報がとられます、このアメーバーでも

自分が訪問したサイトの広告が現れますよね^^;;


行動ターゲティング広告とはについて書いた記事はこちらで★



ブログは閉鎖されましたがツイッターではツイートされてます

神風カムイ(@暗黒夜考)さまツイッター ‏
 

Gメール開設から10年、ユーザーが払う「無料」の代償 【必読】


グーグルは検索・地図・メールから収集した情報をもとに個々

のユーザーをプロファイリング。


利用者はGメールを無料で使う価値と自分のプライバシーの

重さを秤にかける必要性が。


注意こちらからの情報です★


CNN) 米インターネット大手グーグルの「Gメール」が4月1日で
提供開始から10年目に。

同サービスは無料で使えるが、代償を伴わないわけではない。

グーグルはユーザーに関する膨大な量の個人情報という形で元を取っている。

世界で推定5億人以上が利用するGメールは、ウェブメールの世界

で支配的な存在になった。


同時にプライバシーを巡って絶えず批判にさらされ、米国や欧州では裁判も

起こされた。


同社がメールの内容を盗み見していると訴える声もある。


同社の売上高は2013年10~12月期だけで168億6000万ドル

(約1.7兆円)に上る。Gメールで収益を上げる手段として使われているのが、

メールを自動的にスキャンして整理し、そのデータを使ってユーザーが

興味を持ちそうな広告を表示させる方法だ。


「安定した電子メールサービスの提供と引き換えに、あなたの

電子メールの隣に広告を表示させ、あなたのメールをスキャンして

どの広告がふさわしいかを判断させてほしい、というのが

Gメールの約束事だ」。


米サンタクララ大学のエリック・ゴールドマン教授はそう解説する。



Gメールでは使用頻度や文脈などを元にキーワードを探し出し、

そのメールに関連付けた広告を表示する。例えばスピニングエクササイズ

についてのメールをやり取りすれば、ダイエット製品の広告が表示されたりする。

メールをスキャンして収集した情報は、以後の広告のための

ユーザープロフィル作成にも使われる。

ユーザーはあまり認識していないかもしれないが、グーグルのような

企業はさらに、検索や地図、メールといった別々のサービスから収集した

情報をもとに、個々のユーザーについて包括的なプロフィルを作成している。

法律専門家のベナム・デヤニム氏は「無料のものなど存在しない。

だから自分が無料サービスにどんな価値を提供しているのかを

理解しておくことが重要だ」と話す。
 
無料サービスでメールを送受信すれば、自分の関心事や人間関係、

経済状態などに関する情報を提供することになる。


こうした情報を抽出して整理すれば、広告会社や広告主にとって

大きな価値をもつ。

マイクロソフトの「アウトルック」やヤフーなどの大手はいずれも、

無料サービスの提供を通じて何らかの利益を確保している。


ハイテク企業の間では、ユーザー情報に基づくターゲット広告

がビジネスモデルの主流になり、フェイスブックなどのソーシャルメディア

もこの方法で収益を上げている。

企業が個人情報を収集する場合、そのことを顧客に通知する義務がある。


しかし長々と書かれた利用条件やプライバシーポリシーにユーザーが

目を通すことは滅多になく、単純に「同意」ボタンを押してしまう

ただ、グーグルはプログラムの具体的な仕組みについて詳しいことを公表

しておらず、ユーザー情報の扱いに関する情報公開が不十分だと

批判する声もある。

グーグルを相手取った訴訟では、Gメールを使っていない人が

Gメールのユーザー宛てにメールを送った場合、同社のプライバシーポリシー

に同意していないにもかかわらず、影響を受けてしまうことも問題視された。

これに対してグーグルは、Gメールのユーザーにメールを送っている

非ユーザーは、プライバシー保護を期待していないと反論している。


Gメールのサービスが始まった10年前、ユーザー情報の収集に

関する規制はまだ緩やかだった。


だがプライバシーを巡る環境はこの10年で激変した。

米国では複数の州が個人情報の利用を制限する法律を制定し、

米連邦取引委員会(FTC)はプライバシー保護規定違反の積極的

な摘発に乗り出している。業界では容認される行為についての

ベストプラクティスを採用する動きが広がった。

利用する側も、Gメールのような無料サービスを使うことの価値と、

自分のプライバシーの重さをはかりにかける必要性が強まっている。



ペタしてね

2014-04-02 11:45 : 個人情報 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

行動ターゲティングとは☆ネットの行動にGPS機能つけられたようです。

捜査対象車にGPS端末 警察が無断で設置、各地で


警察庁は「必要性が認められる場合は許容される」

と主張するが、福岡地裁での公判では、

被告の弁護人が「違法捜査だ」と主張。


端末の契約者である福岡県警の警視が10月

にも証人として出廷する。 詳細はリンク先で。


注意まさにネット上でGPS機能つけられるてるように

見たサイトが広告で現れます。

アメプロの利用規約見てましたら


行動ターゲティング広告とは というのがありました。



行動ターゲティング広告を実施するために
配布されるCookie及び通知された携帯端末情報
につきましては、それら単独では特定の個人を
識別することができないため、個人情報保護法に
規定される(※)個人情報には該当しないと
考えております。

(※)個人情報とは、生存する個人に関する
情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を
識別することができる情報)、ならびに特定の個人
と結びついて使用されるメールアドレス、
利用者ID、パスワード、クレジットカードなどの情報、
及び個人情報と一体となった趣味、家族構成、
年齢その他の個人に関する属性情報等をいいます。

(※)広告の一部は、第三者に配信を委託しています

各社から配信されるページを訪問した際には、
各社もcookie情報を取得します。

そこで収集されるcookie情報については弊社
に提供・開示されることはなく、各社が定める
プライバシーの考え方に従って管理されます。

[広告配信会社のプライバシーポリシー]



[広告ターゲット配信の無効化について]


ヤフー株式会社


注意オプトアウトの方法(行動ターゲティング広告

の拒否について)(わたしは拒否してみました)

オプトアウト

(Cookie配布及び携帯端末情報の通知の拒否)を

希望される場合は以下の手続きを行ってください。


① パソコン(Cookie配布の拒否):こちら から

手続きを行ってください。
② スマートフォン(Cookie配布の拒否):

こちら から手続きを行ってください。


③ フィーチャーフォン(携帯端末情報の通知拒否)


詳細はこちらからどうぞ☆


※こちらの設定を行うことで、Amebaモバイル

の「かんたんログイン設定」

等をはじめ、一部のWebサイトの機能がご利用いた

だけなくなることがございます

2013-08-18 21:46 : 個人情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

遺伝子監視社会への警告 ☆

この記事には驚きました、未来はもう
夢を描くより恐怖を描きます。



街で集めたDNAから、その人の顔を復元
して3Dプリント


ニューヨーク市の街角で「主人から離れたDNA」
を収集し、それを使ってDNA「ドナー」
たちの顔を3Dプリントしているアーティストがいる。

ヘザー・デューイ=ハグボーグは、
街角に落ちている髪の毛や爪、タバコの吸い殻、
チューインガムなどを集めてそれから
DNAを抽出し、元の人の顔を復元しているのだ。

「われわれはいつでも気づかぬうちに、
いろいろな場所で自分のDNAを撒き散らかしている」

サンプルからDNAを抽出するときには、
ブルックリンにあるDIY生物学の研究室
「Genspace」を使う
(Genspaceは月に100ドルで、誰もが
寄付された実験装置を使って生物学の実験ができる
コミュニティースペース。文末に動画を掲載)。

デューイ=ハグボーグ氏は、一塩基多型(SNP)
と呼ばれる特別な遺伝子の指標を探す。

これらが発現すると、例えば男性性脱毛症
(Rs6152)や冠状動脈性心疾患(Rs1333049)
のリスク増加といった一定の身体特性につなが
ることがわかっている。

ただし、同氏が注目するSNPはもっと
害のないもので、純粋に外見に関係している。

例えば、性別、祖先、目の色、髪の色、染み、
肌の色、鼻の幅や目の間隔といった顔の特徴だ。

デューイ=ハグボーグ氏は、バーゼル大学の
「Morph Face」をベースにして自分で書いた
コンピュータープログラムを使い、
これらの情報をドナーの外見を推定した
3Dのヴァーチャルモデルにする。

ただし、まだ完璧な復元が可能とい
うわけではなく、「いとこ」程度の似方だという。

デューイ=ハグボーグ氏はコンピューターモデル
だけでなく、「Zcorp」プリンターで実物大の
顔を3Dプリントしている。

そしてそれらを集めた展覧会「Stranger Visions」
を開催した。残念ながら、そこに展示された自画像
のひとつが自分だという人はまだ出てきていない。

デューイ=ハグボーグ氏の狙いは、
アートを通じて彼女が「遺伝子の監視社会」と
呼ぶ未来の可能性について提示し、
人々に関心を持ってもらうことにある。

その可能性とは、「非常に個人的な、本人
さえも知らないような情報を、ちょっとした
遺物の分析によって引き出される可能性がある」
ということだ。


「(99ドルで個人のDNA分析を行う)23andme
(日本語版記事)や医療機関で、DNA情報を
蓄積するデータベースは増大している。

こうしたサーヴィスを通じて捜査機関が
遺伝物質を収集するような、遺伝子監視社会
の可能性も高まっているわけだ。

もしわたしがあなたのゲノム配列を入手したら、
理論的には、あなたに関してとても個人的な
事柄を知る以上のことが可能だ。

クローンを作れるし、あなたになりすます
ことも可能だ。SF的なシナリオが、いまでは
現実になっているのだ」

英語ですが^^;;

2013-05-23 00:55 : 個人情報 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

facebookいいねボタンの罠。

フェイスブック上場 のニュースが流れました。

去年の9月の段階で8億人越え、日本も増加の一途です。

色々な意味で人脈も広がり利用価値は高いと思いますが反面危険も。


ドイツは警戒してます、罰金を課してフェイスブックの使用を制限しようとする州も

出てるそうです。

グーグルの個人情報収集される危険性は以前書きましたが、facebookも同じ危険性がです。


アカウントをとった時点でもうフェイスブックは個人データやどこを訪問したか、コメントなどが保存されデータはすべてアメリカ本部に送られ何に利用されているかは教えてくれません。


特にドイツで批判を浴びているのはフェイスブックの「いいね!ボタン」。


(これは多くのブログにもついてますよね、ということは・・)

「いいね!ボタン」のついたサイトを訪れると、このボタンを押す押さないにかかわらず、訪問者の個人データが保存される。(えっ!という感じです)



フェイスブックの登録者は、訪問情報などはフェイスブックの個人情報として集められ、登録してない場合はIPアドレスなどの情報が保存されるると。


ドイツの役人によると

「フェイスブック.comまたはプラグインを利用したなら、2年間フェイスブックに追跡されることを覚悟する必要があります。」・・・・叫び


フェイスブックの広報も同社が“いいね!”ボタンを使ってサイトを訪問したユーザーの「IPアドレス」等の情報を見ることが出来ると認めたそうです。

ただ「この技術的なデータを90日間以内に削除しており、一般的な業界の標準に従っています」・・・


ユーザーがいつどのサイトを見たのか集計することが可能になるため、マーケティングなどに利用するのでは と。


アマゾンも楽天もそうですよね買い物リストとか保存されるということは向こうがデーターを握ってること。

自分の知ってる以上に*自分のデータが保存*されてそうです。


個人情報保護法なんて無意味ですね。  


ayaoさんの記事から 経産省が意見をfacebookやmixi利用してという

問題教えてもらいました。


以下転載です。

株)ベリースの代表のブログが、SNSの問題を提起していました。とても重要なことだと思います。


国民の意見募集をSNSで…


時事ネタ探しで総務省のサイトを見ていたら、
びっくり仰天してしまいました。

『平成24年3月9日(金)より、「みんなで考える情報通信白書2012」
と題し、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)である
Facebook及びmixiを活用して国民から幅広く意見を募集しています』
とあるではありませんか。

今、上場しようとしているFacebookになぜに?
わざわざ総務省が外国企業のSNSで国民からの意見を
募集するのか、理解できません。
(正確には、総務省から業務を委託された会社がfacebookを
利用しているわけですが)
私の頭が悪いのでしょうか。。。

また、募集のページには『自己責任の原則』として
『発言者は、ご自分のアカウントにより当ページ
(みんなで考える情報通信白書)でなされた一切の発言及び
その結果について、当該発言がご自身によるものか否かを問わず、
責任を負うものとします。』とあります。

『当該発言がご自身によるものか否かを問わず、責任を負う』って、
おいおい…。

アカウントは、本人も適正に管理しなければなりませんが、
サーバ管理者が絶対に管理しきれるという保障はありません。

facebookがAnonymousからハッキング予告を受けていたのは、
記憶に新しいところです。
ツイッターだって、アカウント名とパスワードが5万5千人分
流出したばかり。

もちろん、総務省から委託を受けた会社がfacebookのサーバを
管理できるわけはなく、全部、利用者に責任を転嫁する文言を
入れている。
(総務省から委託を受けたけど、責任は負えません、負いません、
全部、ユーザの責任だからよろしく、と読めますが)

もう無茶苦茶です。

そして、どどのつまり、facebookに集められた情報は、
結局、誰の利益に働くのか


タダほど高いものはない、ということをいつか思い知るのか、
気づかないまま貪られるのか―、残念ながら、このいずれかの
途しか思い浮かびません。


2012-05-10 22:32 : 個人情報 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。