スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

紙オムツが砂漠化を救う!?

なんでも使用済み問題は大きいです。
高齢化社会で大人の紙おむつも大きな問題ですが最近紙おむつを燃料に変える新技術も現れました。
処理後の紙おむつは1/3に減量化でき、製紙工場等で使用される固形燃料(RPF)の原料として
再利用できるそうです。

池内先生は物理学者で天文学者です。視点がとてもユニークです。
宇宙論と神 (集英社新書)宇宙論と神 (集英社新書)
(2014/02/14)
池内 了

商品詳細を見る


その竹内先生の新たな研究がこちらの記事に出てました・
「紙オムツが砂漠化を救う!(池内了:名古屋大学大学院理学研究科教授)」から★

(前略)これらの地域には、砂漠化の阻止のために日本からも多くの団体
が駆けつけて植林事業をおこなってます。

そこで成功しているのが紙オムツ植林法だそうです。
以下転載です。

紙オムツとは吸水性ポリマーのことである。(中略)
吸水性ポリマーはたっぷりと水を含み、しかも水を保持するという特徴がある。
水が化学物質と反応して別物になってしまうのではなく、ポリマーの空隙に水のまま
保たれているのである。

そこで、砂漠に植林するとき、樹木の根を吸水性ポリマーでくるみ、たっぷり水を含ませた上
で植え込むのだ。

ポリマーの空隙に保たれた水は簡単には蒸発せず、砂漠の乾燥にも耐えて水を保持
してくれるので都合がよい。
それでいて、樹木の根が伸びて吸水しようとすれば、そのまま樹木に水を譲るという役割
を果たしてくれる。

後は、定期的に冠水して水を補給してやれば、紙オムツの水で樹木は育ってくれるのである。
灌漑をしないから塩類集積の心配もない。

いわば、紙オムツが小さな水溜りとなって給水源となっているのだ。
使用後の廃棄問題を考え、バイオ技術を駆使して生体系吸収ポリマーの研究が盛んにおこなわ
れていると聞く。

ある種の菌類に糖分を与えると吸収性ポリマーを生産し、自重の1300倍もの吸水能力を
示すという。
さらに、合成系ポリマーでは水に塩類が混入すると吸水能力が落ちるが、生体由来の
ポリマーでは食塩水にも自重の500倍もの吸水能力を示すそうだ。

環境に優しく、思いがけない用途で実力を発揮する、
そんな技術こそ21世紀に望まれているものではないだろうか。
紙オムツから、技術の進むべき新しい方向が見えるような気がする。
こちらはそれでいいのかと疑問も投げかけてます、続きはリンク先でご覧ください。

砂漠化は大きな問題です,、食糧危機にもつながります。

地表の約半分(41%)を占める乾燥地に世界の3人に1人(24億人)が住み、
その半数(12億人)は世界で最も貧しい。
 ・私たちの食料の44%、家畜の50%を乾燥地で生産している。
 ・乾燥地で農業を行なっている人は26億人。
 ・農業を行なっている土地の52%は土壌劣化(砂漠化)が進行。
 ・すでに15億人の人が土壌劣化(砂漠化)の悪影響を受けている。
 ・毎年、干ばつと砂漠化で1200万ヘクタール(日本の国土面積の約3分の1)が失われ、
その結果、毎年2000万トンの穀物が減収している


下の図表は砂漠化とその原因★by鳥取大学乾燥地研究センターより
全文はリンク先でご覧ください。





砂漠化の影響を受けている土地面積は約36億haで,全陸地の約4分の1と言われ,
日本の面積の95倍に相当します。
砂漠化の影響を受けている人口は、世界人口の約6分の1,約10億人です。

そのうち、6億人が栄養不足で、開発途上国に集中していると言われています。
耕作可能な乾燥地における砂漠化地域の割合を大陸別にみると,アフリカとアジアで66%,
3分の2を占めていることが分かります。







人工増加も原因だと言われてます>それで人口削減・・・・^^;;

緑の革命と言う名前で農薬、化学肥料に頼るモンサント農法も砂漠化を起こしてます。

「緑の革命」の事例: 貧しい国を助けたいという善意と情熱だけでは、市場派に利用され片棒を担ぐ事になる
日本の海外青年協力隊などが、井戸掘り、農薬の使い方の「指導」を世界中で行った
そうです・・・・

種子は単年度しか使えず、収穫された大豆を再び翌年植えても発芽しないように、
カーギルは遺伝子組換えを行っていた。毎年貧しい国は、カーギル=モンサントにお金を
支払って種子を買わなくてはならなくなった

。農薬、化学肥料とセットにしてである。カーギルの金儲けのための遺伝子組換えであった。
貧しい国の借金は増える一方に しかし、食糧が増産出来たのはわずかに数年。

井戸から汲み上げた水には塩分が含まれ、化学肥料の残留と一体化して数年で畑は塩まみれ、
残留肥料、農薬まみれになり、耕作出来ない状態になった。

農民は農薬によるガンでバタバタ倒れて行った。

カーギルの売った農薬DDT等は、人体に危険な発ガン物質が含まれるため、
先進国では販売を禁止され、在庫としてカーギルの倉庫に売れ残っていた「毒」であった。

 貧しい国の今までわずかでも食糧を生み出していた畑は、塩害等で砂漠に変わって行った。
貧しい国には餓死者が大量に発生した。

 貧しい国には、農薬、化学肥料、種子、井戸掘りの費用が莫大な借金として残った。
借金だらけの政府は、ガンに犯された農民への医療と食糧補助を打ち切った。


緑の革命とその暴力緑の革命とその暴力
(1997/08)
ヴァンダナ シヴァ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
2014-09-23 12:01 : 再生エネルギー : コメント : 6 :

平成の*赤船*☆福島「メガソーラー」に中国人暗躍

尖閣の問題よりこちらの領土の合法的買収による問題のほうが大きいと
思います、尖閣は軍需産業の罠でしょう。

福島の問題も除染は単なるお金儲けで、本当に核種が除去できる
提言、提案はとりあげません。

まず県に鼻血などで抗議よりこちらの問題を追及すべきです。

いつも風助くんという猫に問題点をやんわりと核心ついた
内容を語らせてる読書登録交流させていただいてるbebeさま。

ネコの風助!時代を斬る!!

水問題を何度も語っていただいてます、こちらも紹介。

5/30まで大阪市がパブリックコメントを募集
パブリック・コメントについて大阪市詳細はこちらで★

水は本来「公共財」として扱うべきものであり、決して商品化されるべきものではない
と思います。

こちらの記事もぜひご覧ください。

またお水のお話ですが・・・

今日も大事なお水のお話ですよ!!


 人間が生きる上で最も大切なもの。 『水』

 水の争奪戦はとっくに始まっています。ブログ記事から★

 中国企業は水に関してとても焦っていますし、敏感です。とあります。
中国の水源買占めは大問題です、それだけではなく
中国資本、日本で森林漁り!“領土買収”の実態 「土地ごと」購入のウラ (1/2ページ)

『高級木材が欲しい』といいながら、実は水源林などの土地を
狙っている可能性はある。今回の動きも、水源林確保や土地買収、
資産隠匿の隠れみのかもしれない」とも指摘されてます。

先ほど報道ステーション SUNDAY で中国の「上海電力が福島県の山林買って
メガソーラー」

広大な土地を買占め太陽光発電事業を開始という報道を一部ですが見てました。

1ヘクタール以上の土地を購入するときは役場に届けるという
事になってるようですが、報告はなかったようです。

国も村も歓迎のようです・・・・が地元の人は全く知らされて懐疑的です。


photo:01

photo:02


photo:04

photo:03


photo:05

福島だけではない買占め、下はツイッターからの画像
大阪南港48MW、

Twitterで画像を見る


この上海電力の日本法人。所在地は東京の丸の内とある。JR東京駅前の
『丸ビル』に入居する事務所のガラス戸には鍵がかかり、インターホンはない。

検索するとアエラで2014年1月21日号 特集組んでたようです。



中国が日本(西郷村)で売電事業。

那須山系の雪解け水が流れ込む南郷村の水
源になっているため、地元では『太陽光発電というが、
本当の狙いは水ではないか』と疑う声もあります。


計22.8万キロワットという規模は、ソフトバンクグループと三井物産が共同で、
北海道に建設中の国内最大級のメガソーラーでも、11.1万キロワットだ
そうです。
発電した電気は、再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度
に基づき、全量を日本の大手電力会社が買い取る。
今なら1キロワット時あたり37.8円だ。売値は1キロワット時あたり
20円にも満たない。

その差し引き約20円の損は、電力料金に上乗せられる。
つまり太陽光など再生可能エネルギーは、電力利用者である
国民の負担で支えられている。

経済省は

『土地トラブルはしばしばある。地権者の同意が得られ
ないような事業は認められないが、登記が完了してい
るのなら経産省は口出しできない』(同)

 中国の大手電力会社が、圧倒的な資本力を武器に、
日本の電力市場に乗り込んでくることについては、
 『日本は大規模な立地が難しいことが外国企業
が入ってこない理由でもあった。規模が大きいことは
効率的で悪いことではない』

荒れた山林、格好な標的 

 業界関係者によると、経産省は西郷村だけではなく、
佐久市や富士宮市の事業もすでに認可しており、
ほかの地域でも『水先案内人』のような日本企業が
お膳立てしているという。


なんともう売電開始してました叫び
2013.6.21 ここももとゴルフ場だったようなもの
栃木に50MW
栃木県芳賀郡にて 新たな太陽光発電所が売電を開始しました


そして企業や著名人の暴露記事が中心を占めるFACT という書店では販売しない
定期購読の雑誌から。2014年5月号

太陽光バブルに踊り、「昭和の黒幕」のいわくつきの土地
に群がる有象無象の暗闘劇。 福島「メガソーラー」に中国人暗躍

気が付いたら土地も水も皆奪われてしまいます。
日本は中国の土地は購入できません、経済力背景にこうして日本を
買い占め、移民推奨の日本、大挙おし寄せたらたら武力ではなく日本が
日本でなくなる恐れはです。

武力ではなくこういう問題も国が真剣に考えてほしいです。

ペタしてね


2014-05-18 17:05 : 再生エネルギー : コメント : 17 : トラックバック : 0 :

STAP問題新たな疑惑が~調査委員長に★

STAP問題、理研調査委員長、辞任へ 自身の論文データに疑義


新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題
で理化学研究所の調査委員長を務める石井俊輔・
理研上席研究員らが執筆した論文に対し、
インターネット上で疑義が指摘されていることが24日、
分かった。


石井氏は同日、産経新聞の取材に対し委員長を辞任する
意向を明らかにした。

この論文は乳がんを抑制するタンパク質に関するもので、
平成20年に理研などのチームが英学術誌に発表。
石井氏が責任著者の一人になっている。
遺伝子を調べる実験結果の画像の一部を入れ替えた
改竄(かいざん)ではないかとの指摘が出ていた。

石井氏は取材に対し「オリジナルのデータがあり、不正な改竄ではない」
と否定。
その上で「疑義を指摘された以上、その部分を突かれると
理研や委員会に迷惑をかける。
調査委員長がこのような隙を作ってはいけない。

不本意だが本日、理研に委員長の職を辞したい旨を伝えた。
慰留されても意志は固い」と述べた。
石井氏によると学術誌側も不正でないことは認め、
訂正を承諾しているという。


理研は2月中旬に調査委を設置。委員長の石井氏は分子遺伝学
が専門で、16年に発覚した理研の研究者による血小板に
関する論文不正の調査委でも委員を務め、改竄などを認定した。


STAP論文をめぐっては、調査委から不正を認定された
小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が不服を申し立て、
再調査の実施と不正認定の撤回を求めている。
責任者である石井委員長が自身の疑義で辞任の意向を固める
異例の事態となり、一連の問題はさらに波紋を広げそうだ。


■もたもやネット上からの指摘。古い論文から全部関係者は
調べてるのでしょうか。検証チームが存在してそうです。

STAP細胞はどうなるんでしょう。

こちらは順調です。

iPS細胞は一旦“別の細胞”になってから

京都大学の研究グループは、iPS細胞ができる過程で、
いったん別の細胞の状態に変化することを発見した。

 様々な細胞に変化できるiPS細胞は、ヒトの細胞に
4つの遺伝子を加えることで作製されるが、詳しい作製過程
はわかっていなかった。

京都大学の高橋和利講師や山中伸弥教授らのグループが
、iPS細胞に変化する過程を調べたところ、ヒトの細胞が
、直接、iPS細胞に変化するのではなく、一旦別の細胞の
状態になってからiPS細胞に変化することがわかったとのことです。


2014-04-25 10:30 : 再生エネルギー : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

未来は産地直送の電力を!


都内生協 再生エネ 共同購入・配電>詳細はこちらで


パルシステムなど東京都内の複数の生活協同組合が、電力を共同購入し

一般家庭でも原発以外の電力を選べる仕組みの検討に入ったそうです


世田谷区が主催した「自然エネルギー活用促進地域フォーラム」において


原発に頼らない社会の実現を目指している。各生協の組合員にも

東京電力以外の電力を選びたいとの声は多い」です。


安心・安全の観点から太陽光や風力など再生可能エネルギーの

“産地直送”を目指す考え☆合格




星月夜☆のブログ-ipodfile.jpg


東京新聞ほかの記事。

一度事故が起きれば東京湾もこの状態

星月夜☆のブログ-ipodfile.jpg

海の除染は今後の大きな課題です。



星月夜☆のブログ-ipodfile.jpg


以前のニュースから


【放射能 東京湾 海底土のセシウム汚染、7か月で13倍も】

読売新聞によれば、東京湾の海底土の放射性セシウムが、

20118月から約7か月間で1・5~13倍に増えたことが、

近畿大の調査で分かった、ということです。

原因は、河川の泥にたまったセシウムが、少しずつ東京湾に流れ込んでいるため




2012-09-11 19:05 : 再生エネルギー : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。