スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

 追われ希望をくじかれる無国籍の民☆不条理の歴史に日本も関わりが

東南アジアの無国籍少数民族ロヒンギャの悲劇

多民族国家のミャンマーロヒンギャ族を国内の少数民族として認定せず、バングラデシュから
移動してきたベンガル系の「不法移民」として扱い、国民として認知しないため、
無国籍状態に置かれてます。
仏教徒アラカン族(ラカイン族)との民族対立で新たな火種となってます。

今までも対立の構造で迫害されバングラデシュに数十万人が逃れ出ている。

イスラム教徒と言うことで マレーシアを目指したが、途中でタイ海軍に拿捕され
暴行された歴史もあります。

思いもよらぬ日本との関わりがありました。

仏教徒であるラカイン人とその地域に住むムスリムたちの確執は、実は英国と日本とに
よって作り出されていたのだということだそうです・・・

 第2次大戦で進軍した日本と英国は、日本側が仏教徒、英国がキリスト教徒や
イスラム教徒と、宗教別に構成された軍を創って戦わせたことから、両者の対立
はもはやぬきさしならぬものとなった。


アウンサンスーチー氏らの民主化運動を支持したことから、軍事政権による財産没収や強制労
働などの弾圧がいっそう厳しくなり、現在に至ってます。

アジアのユダヤ人と化すロヒンギャ族のボート難民と言う記事
アンダマン海で6000人が漂流、欧州の暗黒時代との相似を指摘☆

1939年5月13日、ドイツの外洋船セントルイス号がハンブルクを出帆した。
乗っていたのは、欧州で勢いを増す抑圧から逃れようとする915人のユダヤ人難民だ。
豪華客船ではダンスやコンサートが繰り広げられ、寛大な船長は乗客たちが
アドルフ・ヒトラーの胸像にテーブルクロスをかぶせるのを許した。

 2週間後、セントルイス号はハバナにいかりを下ろし、キューバのビザを買っていた
乗客が確信していた温かい歓迎を待った。

 ところが、そうはならなかった。
キューバ当局は彼らを追い返し、その後、米国、カナダ当局も追い払った。

 セントルイス号は欧州に戻ることを余儀なくされた。
推定で乗客の4分の1が結局、ナチスの強制収容所で死んだ。


 セントルイス号の物語は、我々の先祖の恥ずべき罪として語り継がれている。
だが、それから75年後、まさに同じくらい醜悪なことがアンダマン海の紺碧の海で起きている
(地中海で起きていることは言うまでもない)

入国を拒否され海上で漂流

 この数週間で少なくとも6000人の難民がタイ、マレーシア、インドネシアに入国を拒否され、
海で漂流している。
国連によれば、今年、およそ300人が命を落とした。
彼らは脱水症状を起こし、やせ衰え、絶望的になっており、事態が急変しない限り、
もっと多くの命が失われることになる。

 難民の大半を占めるロヒンギャ族にとっては、欧州におけるユダヤ人の扱いと似たところがある。
多くの人は、強制収容所になぞらえられる難民収容所から逃げ出している。


彼らはミャンマーとバングラデシュのイスラム教徒のマイノリティーだ。

「ジェノサイド防止のためのサイモン・スコットセンター」は3月、ミャンマーに調査団を送り込んだ。
同国ラカイン州には100万人のロヒンギャが住んでいる。
調査では、ロヒンギャが「激しいヘイトスピーチや市民権の拒否、移動の自由の制限を通じて、
人間性の喪失に見舞われている」ことが分かったという。

同センターの報告書は、2012年の集団暴行で少なくとも170人が死んだロヒンギャは
「さらなる大量残虐行為やジェノサイド(大虐殺)に見舞われる重大な危険」にさらされていると
結論づけた。

中略ー
 ロヒンギャとは、誰なのか

民族が絡むあらゆる問いと同様、この問題は激しい論争になる。
ラカイン州の多数派である仏教徒にとっては、色黒のロヒンギャはバングラデシュから
来た侵入者であり、侮蔑的に「ベンガル人」と呼ばれる。

誇らしい独立の歴史を持つラカイン族自身が迫害されている少数派だ。

 ラカインにおけるロヒンギャの起源は15世紀にさかのぼる。
さらに多くの人が、ラカインとベンガルがともに英領インドの一部だった1825年以降
の英国植民地時代にやって来た。

第2次世界大戦では、ロヒンギャが英国とともに戦う一方、ラカイン族が一時は解放者と見なされていた
日本を支援した


今年4月、ロヒンギャに投票してほしくないと思っている仏教徒からの反発を受け、
ミャンマー政府は一時的な身分証明書を撤回した。
公式な身分を失った今、大半のロヒンギャはこれまで以上に恣意的な逮捕にさらされ、
生計を立てる力を危うくする移動の制限に見舞われる。

絶望感から、逃げ出す人が増えている。

その時代からの恨みは今日まで続いている。

 何十年もミャンマーを支配してきた軍部が徐々に抑圧を緩め始めた2010年以降、
より一般的な反ロヒンギャ、反ムスリム感情が強まった。言論の自由の拡大は、
ヘイトスピーチの増加を意味した。その大半はイスラム教徒に向けられた。

ロヒンギャが逃げ込んだ船は、ダンスや船内エンターテインメントを提供していない。

 海で漂流している今、ロヒンギャはセントルイス号に乗っていたユダヤ人と同じように、
安全な避難先となり得る国々から入国を拒否されている
(もっとも、マレーシアとインドネシアは一時的な避難所を提供すると発表した)。

 少なくとも当面、密航ルートが絶たれた今、まだ海で漂流している6000人前後の人々を救助し、
彼らに住まいを見つけることは、比較的簡単なことであるはずだ。
ミャンマーは差別的な政策を覆せるか

 それでもまだ、もちろん、ミャンマーがあからさまに差別的な政策を覆せるかどうかという
解決の難しい問題が残る。

ミャンマーの民主主義の象徴であるアウン・サン・スー・チー氏でさえ、
仏教徒の有権者を怒らせることを恐れてロヒンギャという言葉を使うのをためらう時、
その可能性はあまりないように見える。


 だが、希望をくじかれたこのマイノリティーの苦しみを和らげるために何も対策が
講じられなければ、1930年代の欧州のユダヤ人との比較はますます的確に見えるようになるだろう。

■関連動画








スポンサーサイト
2015-05-23 18:03 : 人権 :

ものをいえば唇寒しサウジの風☆言論の自由はむち打ちとともに!

サウジアラビアでは以前車を運転しただけでむち打ち10回の刑が
が言い渡され批判を受けましたが。

5歳の娘を強姦・暴行死させたイスラム伝道師に禁錮8年 サウジ むち打ち800回
という判決
が出てますが、それより重い刑とはこれもひどい事件です~~

サウジアラビアでリベラルなサイトを開設したブロガー、むち打ち1000回の刑に

素敵そうな雰囲気のこの方が受難です・・・・・



サウジアラビアのブロガー、ライフ・バダウィ氏が、国内でのディベートをすすめる
リベラルなオンラインフォーラムを開設したことにより「イスラムを侮辱した」罪で
2012年から収監されていたが、2014年5月に、法廷で禁錮10年とむち打ち1000回の判決を受け、
同年9月に判決が確定☠

1回50回!×20週とは、持ちこたえられるわけがありません!

そして、オーストラリアのニュースサイト「News.com.au」によれば、
バダウィ氏は今後20週間にわたって、毎週金曜に同じ形で公開むち打ち刑
を受けることになっている。


バダウィさんの刑の執行停止と、恩赦を求めて世界中で支援の動きが広がっています。
2月10日には英国チャールズ皇太子がサウジアラビア国王にライフさんの件に
つき問題提起をし、11日には欧州議会が、ライフさんは良心の囚人である .


1月16日には2回目のむち打ち刑が予定されているが、
彼の妻の話によれば、体力的に持ちこたえられないかもしれないという。

チャールズ王子もサウジに働きかけてます、一応延期はされてるようです。



バダウィ氏の妻、エンサフ・ハイダルさんは、アムネスティ・インターナショナルに
対して次のように語った。
「夫の話では、むち打ちのあとの痛みがひどく、健康状態も悪いそうです。

きっと次のむち打ち刑には耐えきれないでしょう」

バダウィ氏が開設したのは「フリー・サウジ・リベラルズ」というウェブサイト。
このウェブサイトを開設したことで、毎週の公開むち打ち刑にくわえ、
AP通信によると、100万サウジアラビア・リヤル(約26万6000ドル、
日本円で約2700万円)の罰金も言い渡されたという。バダウィ氏のウェブサイトは、
現在閉鎖されている。
弁護士まで処罰~!
バダウィ氏の弁護士で人権活動家のワリード・アブ・アルカイル氏も、
禁錮15年という長い刑期と、その後の15年にわたる渡航禁止を宣告されたという。

アルカイル氏は、「政権と国家の評判を失墜させる画策」「世論の扇動」
「司法に対する侮辱」の罪で、サウジの対テロ法廷で有罪判決を受けた、
とAP通信は報じている。


「ワリード・アブ・アルカイル氏の刑期は15年まで拡大された」

AP通信によれば、バダウィ氏はジッダにあるモスクまえの公共広場で、
数百人の見物人が見守るなか1回目のむち打ち刑を受けた。

50回のむち打ちは、中断することなく続けざまに執行されたと報じられ、
刑を目撃した人が、アムネスティ・インターナショナルに詳細を次のように話している。

「バダウィ氏はバスから下ろされて、群衆の真ん中に連れて行かれました
。8人か9人の警官が警備していて、バダウィ氏には手錠と足枷をかけられていましたが、
顔は隠されていなかったので、その場にいた全員から彼の顔が見えました」

この匿名の目撃者は、さらにこう続けている。
「大きなむちを持った執行人が背後から近づいてバダウィ氏をむちで打ち始めました。
バダウィ氏は頭を空に向けて上げ、目を閉じ、背を反らせていました。

声は立てていませんでしたが、その顔と体を見れば、ひどい痛みを感じているのがわかりました」

本物かどうかは確認されていないが、9日のむち打ち刑を撮影したものとされる動画が、
YouTubeにアップロードされている。

3人の子どもを連れてカナダへ逃れた妻のハイダルさんは、CNNの取材に対して、
その動画を見るのはひどくつらかったと話した。

「むち打ちは、おそろしいものでした。その様子を言葉で説明することはできません」
とハイダルさんはCNNに語っている。「むちが1回あたるたびに、わたしが殺されるようでした」

アムネスティ・インターナショナルの中東・北アフリカ局長フィリップ・ルーサー氏は、
CNNに対して次のように述べている。
「公開討論のフォーラムを勇敢にも開設し、表現の自由という権利を平和的
に行使しただけの人に対して、このような残虐な刑罰が科せられるのということは、
考えるだけでもおそろしいことです」

国連事務総長の副報道官を務めるファルハン・ハク氏は先週、
国連人権高等弁務官事務所が「むち打ち刑に深い懸念を抱いている」
と発言している。

アメリカ国務省はサウジアラビアに対して、「バダウィ氏の件を検証」し、
「非人道的な」刑罰を中止するよう求めた。

バダウィ氏の妻のハイダルさんは、アムネスティ・インターナショナルに、
夫を救うための闘いには「国際的な圧力」が欠かせないと語っている。

■その痛みは耐え難いようです。
いまだ執行される「むち打ち刑」その痛みはどれほどなのか?
こういう刑罰は無くす方向にそれこそ自由と正義の国米国が友好国
サウジなどに働きかけるべきです>日本も!
2015-02-20 16:10 : 人権 : コメント : 0 :

NHKクロ現がヘイトスピーチを特集☆再放送も深夜0時10分から

先ほどのクロースアップ現代ご覧になられた方いるでしょうか?再放送も深夜あります。
NHKでもこういう番組制作する心意気のあるスタッフがいるクロ現。

在特会のデモを中継し、ヘイトスピーチも紹介しました。



1/13のクローズアップ現代は、「ヘイトスピーチを問う ~戦後70年 いま何が~」
スタッフのブログからです☆

photo3598-1.jpg
プレビューを見てきました。

VTRを見ながら、「なぜ?」と疑問がわいてきました。

番組では、特定の民族や人種への憎悪をあおるヘイトスピーチのデモを取材しています。
デモでは、「韓国人は出ていけ!」「首をつれ!」「焼身自殺しろ!」と連呼しています。

参加者は男性もいれば若い女性もいます。
なぜ、特定の民族をこれほどまで憎むのでしょうか。

デモでヘイトスピーチを行う右派系市民グループは、在日韓国人・朝鮮人が生活保護
の需給などの面で日本人にはない特権を与えられていると主張しています。

活動に参加している会社員は、暴力的な言葉を使うことに意味があると考えて、
「相手を傷つけている感覚は持っていますか?」という問いに、「ほぼ持っていない」と答えています。

特権を持っているから相手を傷つけてもいいということなのでしょうか?
表現の自由があるから相手を傷つけてもいいということなので
しょうか?一方、国はこうした特権はないとしています。
photo3598-2.jpg

ヘイトスピーチに対して国連は人種差別にあたるとして、日本に規制を急ぐよう勧告しています。
ヘイトスピーチが暴力にまで及んだ国があるためです。
アジアや中東からの移民がヘイトスピーチの標的になっているギリシャでは、
おととし移民への暴力や差別を批判してきた人気歌手が殺害される事件が発生しました。

多様なもの、相容れない意見を受け入れない「不寛容」。
その最大の悲劇が、先週フランスで起きたテロ事件だと思います。
今だからこそ、私たち一人一人の寛容さが試されていると感じました。

ぜひ、ご覧ください!
詳しくは>こちら★

■先日も記事にしましたが桑田さんの紅白のパフォーマンスについて攻撃しデモをしかけた
団体があります。
天皇陛下まで持ち出し抗議です、陛下はどんなお気持ちになられるでしょう。



茅ヶ崎までとばっちりです。

茅ヶ崎は在日保護区」ネット右翼の間で湘南バッシングが高まる 
サザン桑田氏の紅白演奏がきっかけ - NAVER まとめ


この反サザンオールスターズデモを開催するNPO外追は、リーグ浦和レッズのサポーター
が「JAPANESE ONLY]と書いた横断幕を掲げた問題をめぐり、厳しい処分
を決定した日本サッカー協会に「抗議」するデモを行い、浦和レッズに所属する
李忠成選手の批判などを展開したことがあるそうです。


東京都に認証された正規のNPO法人であるNPO外追は、在特会の数ある共闘団体
の中でも古株的組織。
最近では、池袋や葛西、埼玉などでハーケンクロイツを掲げたデモを展開
団体の「最高顧問」とされる人物は半世紀ネオナチ活動に取り組む日本の代表的な活動家。

「桑田佳祐に反省を!」在特会系NPOが反サザンオールスターズデモを明らかにから
詳しくはこちらでどうぞ★
2015-01-13 22:50 : 人権 : コメント : 2 :

想像を超えた現実に★ワールドカップの影に隠れるものは、こちらもみる覚悟を

注意最後の写真にご注意ください、心臓が弱い方は見ないでお帰りください。
ペタしてね


ネトウヨの方に質問したいことの一つは、みなさんはジョン・レノンのImagineは

お好きではないのですか、ということ。「想像してごらん。

国がない世界を。そのために殺したり、死んだりする必要がない世界を

」という歌詞なのですが、やっぱり嫌い? ジョンは、お花畑?


戦争だけに限らず今やあらゆることに想像力をです。

華やかなサッカーワールドカップ日本中盛り上がってます。

我が家はサッカ―一家、わたしも大好きです。

明日は応援目いっぱいします日本代表ユニホーム02-03


でも今の時代それに浸り切るムードになれない現実に心が重いです。

こういう現実見ないふりして応援だけすることはできません。

サッカー王国ブラジルそれなのに貧困が重くのしかかります。


ついに先住民が参戦、弓矢と竹槍を装備し武装警察と衝突爆弾




開幕戦が行われるサンパウロのスタジアム近くの不法テント村

W杯が人質、デモ相次ぐブラジル 「潤うのは金持ち」左矢印朝日デジタル



ワールドカップの開会式当日のデモ隊鎮圧に出た軍警察の特殊部隊の写真です。

華やかな会場のすぐ近く、



同じ市内で起こっていた現実です。

撮影 鶴田成美

>命をかけた市民の抗議運動も炎上◢◤ ❝【死の部隊】に

ツイッターから知りました。日本も6年後今の貧困が加速しこうなる予兆はあります。


リンク先に詳細が、人間の心の冷徹さが戦慄です、なぜ子供を殺せるのでしょう・・
ワールドカップの為にホームレスチュルドレン射殺


【死の部隊】にホームレスチュルドレンを射殺させているブラジル政府にワールドカップ開催資格などない 左矢印



埋め込み画像への固定リンク ペタしてね
2014-06-14 22:55 : 人権 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

信じられないことが行われてる児童相談所☆子供が拉致されてる~

実生活でも可愛いおじょうさんがいらっしゃる内海先生が児童福祉のことも
掘り下げて取り組んでます。


先生のお話で1番驚愕したお話です

児童相談所の怖い話/三五館

¥1,512
Amazon.co.jp

世界が逆転したように色々なことが暴かれ、毒だらけの世界に気付いた
時この本はさらにだめ押しです^^;;

子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)/マキノ出版

¥1,404
Amazon.co.jp

お砂糖、牛乳、ワクチン、薬数々の社会毒。
グー民は騙され続けてきました。

先日出版記念公演が行われました。
行く予定してたのですが日にち勘違いして、行かれませんでした^^;;

この講演でも児童相談所のことも語られてます。

今回は社会毒はさらっとまとめる形にして、今回の­著書で加えた
アレルギーに関する話題、スクールカウンセリングに関する話題、
新生児売­買の問題や児童相談所の問題、放射能に関する問題など
をとりあげ、さらに日々の生活と­してどのあたりを注意するか、放
射能対策として市民レベルでできる工夫などの講演☆
普段講演に行かれない方必見!

すぐにはわからない毒わざとでしょうね。
ゆっくりと作用し、蓄積してゆく。

畜産の肉、遺伝子組み換えの飼料、生体濃縮され肉にそのまま毒が人間がそれを食べます。

注意

まず先生の基調講演、行かれない方必見です。



児童相談所の問題、実際に訴訟起こされてる方のお話。
次女がへその緒がうまく取れず出血し黄疸、顔色が黒く、
いろいろあざとか出てた。元気もない。

脳出血がわかった、医者として虐待してると。

ゆさぶり症候群と言われ虐待と言われる。
他のお医者様の診断書でゆさぶり症候群ではないと言われてる。

児童相談所側の問題が虐待と言われれば訂正しない。

小人病という診断が出てるのにネグレクトと言われてる事例も。



ジャーナリストさんのお話。

虐待がないとわかっても返してくれない。
虐待が起きしたとサインしなければ返してくれない。
仕方なくサインする。

こどもには母親に捨てられたと洗脳。
裁判起こした時のお話も。
おねしょもすれば3歳の子でも精神薬投与。その後の壮絶な親子の戦いが。

何かというと精神薬投与なんですね~~
もう本当に実際にこういう事が行われてる今の日本・・・



船瀬さんとの対談でも内海さんが語られてます。

4万件も被害がある、通報があると調査もせず、連れ去る、
主観で判断。逮捕状さえいらない。泣いてる子供を近所の人が通報されたら
もう連れ去られる。

本当に問題のある子は○○ざだったり面倒くさい案件には口を突っ込みたくない。
連れ去るとひとり30万円、国から出る。

マスメディアも報道しない、精神科はいいとこだ、児童相談所はいいとこだという
性善説に基づいてる。

こどもは不安に覚えてるのでPTSDだと薬を投与される。



このことぜひ報道機関調査してほしいです。

ペタしてね
2014-05-14 13:25 : 人権 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。