スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

生命は海から誕生したのなら、最初の細胞が浸っていた水とは海水である☆生物の体液は海水に違いない・・

人類はこの生命の海を汚染することに邁進しています・・・・

榎孝明さんの30日の不食が話題です水、コーヒ-、緑茶、数個のアメのみ)
だったそうです。
どれほど脅迫されても書かずには死ねない 日本の真相! 2/成甲書房



¥1,836

Amazon.co.jp

この本に細胞は他の細胞に変化する。これが、細胞可逆説だ。
「肉」は「血」となり「食」となる。
つまり、体細胞は血球細胞となり、さらに栄養源に戻る。まず体細胞が血球細胞に戻る。
それは、飢餓状態に起きる。また、治癒や出血時にも起こる。

飢餓状態では、身体に蓄えた栄養源(体細胞)をいったん血球に戻し、
それを栄養源に戻して、生命は生き延びる。実にシンプルなシステムだ

とあります。
この本に【「無輸血」手術は世界の流れ! 血液製剤、点滴もいらない! 】と言う項目があります。

4月にもうこの小説などで知られてる事実を70年たち認めました。
海と毒薬 (新潮文庫)/新潮社



¥391

Amazon.co.jp




日本の九州大学が先日、第2次世界大戦中に同大学において捕虜となった
米軍パイロット8人に生体解剖実験を行って死亡させたという記録を公開したと報じた。

 記事は、生体解剖実験では、捕虜となった米軍パイロット8人に対して複数の
教授が血液の代用として希釈した海水の注射、肺の一部切除などを行い、
その生存時間を観察するといった内容が実施され、最終的に8人全員が死亡したと伝えた。
そして「歴史を覆い隠してはならない。汚点を正視してこそリスペクトが得られるのだ」と評した

■海水輸血は失敗したようですが、この時日本でも興味関心持っていたことがわかります。

以前から内海先生と船瀬さんなどにより輸血の危険性とともに指摘されています。。
(個人的にはもう放射能はじめ汚染されてる海水は無理では



海水輸血は600億も投じ10年間にわたり2万人にペンタゴンが実証してるようです。
世界中が提言、日本は沈黙、医学界に波紋を投じたい。

1年間に200万人輸血、癌患者は46%、癌の再発率も高い。

この本でも紹介されてますがもともとの海水を点滴と言うのはルネ・カントンという方が実施されて、
効果も立証されたと言われてます、
血液の闇/三五館



¥1,512

Amazon.co.jp


結果的に千島学説を証明する結果となった実験があります。
カントンは、血液と海水の成分がほとんど同じことを発見し、「海水は血液の代替となりうる」と確信。
その信念のもと、愛犬の血液を抜き、薄めた海水を注入する……という大胆な実験を行ったのだ。
それは公開のもとに・・・・
「カントンの犬」という1897年、フランスの生理学者ルネ・カントンの歴史的な実験
カントンの犬 金の亡者にWikipediaから消された学者全文はリンク先でどうぞ★

体重が5キログラムの犬に同量の海水を犬の血管に注入
体重10キログラムの犬の血液を海水に入れ替える
等の実験で元気になることを実証。

人間の白血球は、ほかの人工的な環境のもとでは全て死んでしまうのに、
海水の中では生き続けることも立証しました

結論 「海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている」

"「命の起源は海の中にある。体液は海の成分と類似している」ということを証明したのだそうです。"


出典カントンの犬|みなみのブログ

"「多くの病気の原因は、人体の内部環境のバランスの乱れにある」
「海水の注入によって、損なわれたバランスを元の状態に復元する」
「局所に現れた病気を治療することが可能だ」"


出典「ただの海水で、病気が治っては儲からない」のでウィキペディアから消えている
人物:ルネ.カントン
|人生は強く,たのしく、しあわせに☆ ネオヒルズというよりも,ネオ日本人


"この実験は点滴などで使われる「生理食塩水」の先駆けともなり、
またタラソテラピーの大本にもなった実験だそうです。"

こちらにもまとめが☆
海水を点滴したというルネ・カントン氏について調べてみた
「ただの海水で、病気が治っては儲からない」のでウィキペディアから消えている人物:ルネ・カントン
海水で輸血「カントンの犬」と弾圧された千島・森下学説
輸血は臓器移植と同じで、免疫攻撃が起こりがちで危険。
大量出血しても、水分とミネラルを補給するだけでよい理由とは・・・?

この実験成功を機に、カントンは海水療法(タラソテラピー)を確立し、その普及に生涯を捧げた。
しかし、ここにも既成医学界の大きな壁が立ちはだかった。

カントン理論もまた、千島・森下学説と同様、弾圧黙殺の憂き目に遭い、歴史の闇に葬られていった。

しかし、「カントンの犬」は輸血療法の根本的な矛盾を暴くことになった。
つまり、大量出血しても、海水、つまり水分とミネラルを補給すればよいと。


■関連動画 無輸血の医療手術の動画・・・エホバの証人の動画のようです。
(私はどの宗教、宗派にも属していません)


スポンサーサイト
2015-06-21 14:20 : 未分類 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。