スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「みるく世がやゆら」☆「今は平和でしょうか」=鎮魂祈り、高3が詩朗読






海外メディアは伝えてますが相変わらず日本のメディアはあまり伝えないですね。

報道ステーションは日米地位協定の不条理を報道、ほかの国の対応も報道。
首都圏の空は米軍の管制下、日本のようにいいなりの国はありません。
ドイツは地位協定で不平等改定したんですね。日本も可能だと。多くの国民が
後押しすれば不可能ではないのに、本土の無関心さが今の沖縄を追い詰めてます、
沖縄がいつも犠牲です。

そして慰霊の日の追悼式典での平和の唄に選ばれた純粋な美しい高校生の、魂の
朗読、清められるようです。

平和の尊さを訴えてます。



今月23日の慰霊の日に開かれる戦没者追悼式典で「平和の詩」を朗読する
与勝高校3年の知念捷さんが18日会見し詩に込めた思いを語りました。

 知念さんの作品「みるく世がやゆら」は「平和でしょうか」という意味で、
祖父の姉の戦争体験が綴られています。

 詩の中では認知症の症状が年々重くなっていく祖父の姉と時代と共に薄れていく
沖縄戦の記憶、そして失われゆく沖縄の言語の三つを「風化していくもの」としてかけあわせ、
うちなーぐちを織り交ぜながら、「みるく世がやゆら」すなわち 「平和でしょうか」
と何度も訴えかけています。

 「戦後生まれの私たちは(戦争は)表面的な事であって本当の悲しみに完全に
寄り添う事は出来ないと思う。
でもこの詩で少しでも彼女の思いや悲しみを感じ取って平和の思いを改めて欲しいなと思う」
(知念捷さん)
 知念さんはまた追悼式典に向けて「この詩を沖縄だけでなく世界中で戦争の悲しみ
を背負う人たちの心に届けたい」と語りました。

スポンサーサイト
2015-06-23 22:46 : 沖縄 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。