スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

牛乳は健康に良いのか有害説なのか☆カルシウム・パラドックス

わたしは牛乳大好き人間で子供の時から飲んでます。
過ぎたるは及ばざるがごとしでこれはと思い、カフェオレが大好きでしたが、お砂糖も牛乳も
有害ということでやっとブラックでコーヒーが飲めるようになり、ケーキも食べなくなりました^^;;

牛乳有害説はもうネットではあたり前ですが、メディアの電波に乗せると大変なことになるようです。
骨粗症になることも言及したようです。
松嶋尚美の「牛乳有害」発言に批判相次ぐ 
専門家も「科学的根拠に基づかない」とばっさり


タレントの松嶋尚美さんがテレビ番組の中で「牛乳有害説」を披露し、ネット上で波紋を広げている。
詳細はリンク先でどうぞ☆

牛乳有害ではないといっても医学的に欧米人に乳がんが多いのは乳製品接種ということは
認められてます。

まして今の牛の飼料の問題、放射能の問題を考えると牛乳健康に良いという信仰説は崩壊してると思います。
度々最近でも検出されています。





内海先生のfacebook☆より説明を引用☆
牛乳=カルシウム(完全食品)=骨(健康)」という洗脳が現代における基本ですが、
結論をいえばこれは正しくありません。

ラクターゼが離乳期以降は分泌されなくなり、乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、
他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまいます。

牛乳に多く含まれているリン(母乳の6倍)が深くかかわっているといいます。
リンは食品の酸性度を示す指標になっているくらいですから、アルカリの指標となっている
カルシウムを奪い骨を弱めることは容易に理解できるところです。

日本人は昔から牛乳なんて飲んでませんでした。

日本綜合医学会永世会長の沼田勇博士は牛乳はビタミンCを弱めると述べています。

。国際自然医学会会長の森下敬一博士は牛乳は腸(血)を汚しガンをつくるといっています
。栄養学者の山田豊文氏が著書「老けない体は骨で決まる」の中で、牛乳の弊害について説いています。

rBGHミルクの危険性に関する科学的検証は、『あなたの飲んでいるミルクには何が入っている?』
という2006年に刊行されたエプスタイン博士の本に詳しく記述されています。
下記に抜粋して紹介します。

人々がよく心配しているガン。これにも牛乳は一枚かんでいるとされ、ジェインプラントの本が有名です。

畜産で育った乳牛の牛乳は成長ホルモンや女性ホルモンが含まれています。
抗生物質も入っています。過酸化脂質も入っています


牛乳が性ホルモン系のがん(前立腺がん、乳がん、卵巣がん)の発症リスクを高めるというのは、
いくつも医学研究されています。

フランク・オスキーという研究者も牛乳の害を指摘しています。

2万人の赤ちゃんを検討した統計結果によると、母乳のみの子供の死亡率は1000人当たり1.5人
だったそうですが、牛乳のみにしたところ1000人当たり84.7人だったそうです。

結局のところこんなに体に悪い牛乳を「体に良いもの」として捏造し売り込むのは、
売り込む理由があるからです。

それは単純に言えば利権ですが、もう少し詳しく言うと第二次大戦後にアメリカの食利権、
牛乳利権が日本をターゲットにした結果であることを知らねばならないのです。

こちらは真実を探す様の記事より☆
【牛乳有害】牛乳の危険性を示す研究データが発表される!
⇒自民党農林議員が抗議!江藤拓前農水副大臣「生産者に迷惑をかける」

全文はリンク先でどうぞ☆

スウェーデンのチームが約10万人を対象にした大規模な調査でも危険性を示す結果となりました。
その結果、牛乳の摂取量が多くなっても骨折の危険性は低下せず、死亡率の増加と
関連する可能性があることが分かりました。

女性の10年間の死亡率は1000人当たり126人となっていますが、今回の研究調査で
は牛乳を1日3杯以上飲む人の死亡率が180人になったとのことです。逆に牛乳の量が1日1杯以下の人では、
この割合は110人まで低下していますとあります。

じゃ、どうすればいいのかというと、骨粗鬆は野菜や果物で予防されるという記事です。

みかんで骨粗鬆症予防!ビタミンAに変換される色素が大活躍

もちろん骨を作るのにカルシウムは欠かせません。しかし、カルシウムだけをたくさ
ん摂ろうとすると逆に骨をダメにすることがあるのです。

また、カルシウムの摂り方が足りないと、逆に血中カルシウム濃度が上がって高血圧や動脈硬化の原因になるのです。

こうした一見矛盾する現象をカルシウム・パラドックスと呼ぶのです。

牛乳の摂り過ぎ

牛乳をよく飲む人は骨粗鬆症になりやすいと言う、一見おかしな現象があります。
これは動物が持つ「これまでと同じ状態を維持」しようとする働きが原因です。

大変効率よくカルシウムを摂れる牛乳を飲むと、血中カルシウム濃度が上がり
、身体はそれを補正しようとしてカルシウムを排泄してしまいます。

その際、勢い余ってカルシウムを捨てすぎることがあり、そうした場合、骨から血液中に
カルシウムを補充するからなのです。


ということのようで、どうすればいいのというとここではミカンを推奨しています。
ビタミンCだけではなく、みかんにはβクリプトキサンチンの効果があるようです。
カルシウムを含む食品の選び方

やはり効率よく摂るには骨ごと食べられる魚がベストです。
しらす干しとか煮干しなどですね。でもそれだけではやはりアミノ酸の
悪影響が出ますから野菜や果物は必須です。

牛乳やチーズも効率よくカルシウムが摂れますが、先に言ったように
吸収効率が良すぎるので、空き腹に飲んだり食べたりするのは避けましょう。

さらに骨粗鬆症以外の分野、例えば糖尿病の予防や脂質異常症の改善など、
生活習慣病を予防改善する効果も期待されていますから、みかんは意外と次世代の万能薬に
なるかもです☆

なお、飲酒喫煙はやはりβクリプトキサンチンの効果を台なしにしてしまうそうです^^;;
スポンサーサイト
2015-07-23 13:05 : 健康 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。