スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

これを語るのはわたしの義務・・・☆フクシマにもレガソフはいるのか?

一応予約投稿です、帰宅したら太郎さんの記事書きたいです。

▪️昨日NHKBSで放送されたようです。


アナザーストーリーズ 運命の分岐点▽チェルノブイリ原発事故 隠された“真実”

     7月29日(水)午後9時00分~午後10時00分
 再放送8月4日(火)午後11時45分~午前0時45分

今から29年前におきたチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故。
世界をパニックに陥れたあの未曾有の事故は当初、意図的に隠された。

消火活動にあたった消防士、現場の作業員、また多くの市民が被ばく、隠ぺいが被害を拡大させた。

真実を伝えようとして奔走したジャーナリスト、自ら命をたった科学者など、
あの未曾有の事故を多角的視点から描く。


番組見てないのですが、自殺した科学者とはこの方でしょうか。


20110721 チェルノブイリの真相 ある科学者の告白 投稿者 PMG5
 1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発の大爆発。
旧ソ連の事故調査委員会の主要メンバーとして、事故後すぐに現地入りした科学者、
ワレリー・レガソフが自ら見聞きした体験をまとめた回想録を元に描いたドキュメンタリードラマ。

 爆発事故は、皮肉にも停電などで外部からの電力の供給がストップした際にいかに
原子炉を安定して運転させるかを確かめる安全試験の最中に起きた。

すぐに消防が駆けつけ消火作業にあたったが、放射線を浴びて倒れていった。

現場には、事態を正確に把握して指揮をとれる者はおらず、幹部たちは何とか
事故の情報を内輪にとどめることだけに執着した。

その結果、事故の後も多くの従業員が発電所にとどまり被爆した。

さらに、従業員の家族などが暮らす人口3万5千の街では、事故の情報は伝えられず、
見えない死の灰が降り注ぐ中で、いつもと変わらぬ生活を送っていた。

 2ヵ月後、IAEA国際原子力機関で報告を行うこととなったレガソフは、事故の影響の
大きさを考慮して、ありのままの全てを公にすべきだと主張するが、政府側はレガソフを諭し、
事故は従業員の操作ミスが重なったために起きたとだけ、公表させた。

チェルノブイリ原発事故の現場で何が起きていたのかを生々しく描くとともに、
事故の背景に、単なるミスを超えた国家や社会のあり方が横たわっていたことを指摘する

■彼の死は自殺とは言えないという見方もあるようです。

遺書のような残された原稿・・・・本稿は1988年5月20日付『プラウダ』に掲載され、
「技術と人間」1988年7月号、8月号に訳出された。

これを語るのはわたしの義務・・・
興味ある方はリンク先でどうぞ★

動画はyoutubeにもありましたが4分割されてます。



スポンサーサイト
2015-07-30 20:24 : 原発 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。