スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スーパムーンが輝く夜に火星で新発見か?☆難民はドイツを目指す地上で

「火星の謎を解明」 NASAが記者会見を開催
ついに水発見!?NASA「火星に関する重要な科学的発見」をしたと発表!








【AFP=時事】戦火を逃れた何万人もの同胞と同じように、隣国レバノンに亡命した
シリアのロックバンド「ヘベズ・ダウレ(Khebez Dawle)」のメンバーも欧州を目指す危険な旅に出た。

しかし、最終目的地ドイツを目指しこれまでに5か国を経由してきた彼らの旅は、
その途上で思いがけない「亡命ライブツアー」に変身した。

クロアチア経由の移民急増、メルケル独首相の支持率は急降下

 23日夜、クロアチアの首都ザグレブ(Zagreb)のオルタナティブ・クラブ「モクバラ(Mocvara)」。

ボーカルのアナス・マグレビ(Anas Maghrebi)さん(25)は、ライブに集まった300人の聴衆
に向かって「僕たちは皆、同じ人間だ。みんな、来てくれて本当にどうもありがとう! 」と語りかけた。

「ヘベズ・ダウレ」はシリアの首都ダマスカス(Damascus)で結成されたオルタナティブ・ロックバンドだが、
2012年にメンバーの1人が殺害され、残るメンバーたちは翌年、レバノンへ逃れた。

だが今年8月、マグレビさんとメンバー2人はバンド活動を続けるため、
西欧を目指そうと決意した。「ベイルートへ行って、そこにとどまることはできないことが分かった。

でも、シリアのパスポートなんか持っていても、パスポートがないも同然、役に立たない。

不法渡航するしかない」

■「年をとった気も若返った気もする」

 マグレビさんたちは、ワゴン車にぎゅうぎゅうに詰め込まれてトルコを移動したり、
ギリシャの島に向かってゴムボートで漂流したり、土砂降りの中、身を隠しながら
バルカン諸国の低木地帯やぶどう畑を通った。

 そうした中でも、素晴らしい瞬間にはいつも音楽が一緒だった。

23人の難民と共にボートでたどり着いたギリシャのレスボス(Lesbos)島では
、気さくな観光客たちにバンドのCDを配った。クロアチア東部の小さな町、
イロク(Ilok)の警察署に収容されたときには、警官に自分たちの音楽を聴かせた。

 キャップ帽をかぶり、赤と白のカフィーヤ(アラブの男性が使うスカーフ)を
首に巻いたマグレビさんは「警察署で拘束された時、自由と刑務所をテーマにした曲を
警官に聴かせたのは最高だった。

かなり皮肉だったね」と語った。「この旅で僕たちはすごく成長した。年をとった気も若返った気もする。

若々しさや反抗、自由、荒々しさといった感覚を取り戻した」。

こうした感覚すべてがコンサートで表現される。

会場には力強いギター・リフと、マグレビさんの感極まったボーカルによるインディーロックが響き渡った。

■「シリアで起きていることは、一つの国全体の追放だ」

 旅に踏み出したとき、マグレビさんたちの頭の中には、最終目的地ドイツにたどり着くこと、
それしかなかった。だがある日、思いがけず、ヨーロッパ・デビューを果たすことになった。

ザグレブ南東約60キロの小さな町、
クティナ(Kutina)の小学校で開かれるコンサートで演奏してみないかと、主催者から声が掛かったのだ。

 楽器は持ってきていなかったので、人の楽器で演奏した。マグレビさんは
旅費を工面するために音楽機材を売り払ってしまっていた。

それでも「完璧」な体験だったという。「観客の大半はクロアチア人。彼らも僕たちも楽しんだ」

 次のライブは27日にスロベニアの首都、リュブリャナ(Ljubljana)で予定されている。
このライブには、ボスニアのロック・バンド「デュビオサ・コレクティブ(Dubioza Kolektiv)」から招待された。

 マグレビさんにとってこうした飛び入りライブは、移民や祖国シリアに対する偏見を
取り払うチャンスだという。「マスコミは難民のことを、悲しげな顔つきをして、
食べ物と屋根のある寝場所を待つ哀れな人たちとして描く。

しかし、実際はもっと大きな問題だ。シリアで起きたことはもっとずっと大きい。

これは一つの国全体の話だ。文化的で文明的な国全体が、国土から追放されているんだ」

 マグレビさんたちはドイツの首都ベルリン(Berlin)を目指している。そこでバンド活動を続け、
うまくいけば、レバノンの首都ベイルート(Beirut)にとどまっているメンバーとも再び一緒にやりたい。

「ヘベズ・ダウレ」のファースト・アルバムは、シリア騒乱を目の当たりにした若い男の話だという

。セカンド・アルバムは、今、体験している旅に深く影響を受けたものになるだろう。
マグレビさんは「旅を通して多くのインスピレーションを受けた。多すぎるくらいだ」
と笑いながら話した。【翻訳編集】 AFPBB News

楽曲はこちらで★



スポンサーサイト
2015-09-29 00:49 : 宇宙 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

星月夜☆

Author:星月夜☆
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

FC2カウンター☆

月と星と妖精ダストのブログパーツ

特別な日には流れ星が降ります

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。